彼女をパッと笑顔にできる、心ときめく中華の新店はここ!乃木坂に誕生した温かな隠れ家

「日常のデートで使いたい!」と、新店ながら早くも話題の『乃木坂 結yui』

心温まる優しい中華に、自然と心が華やぎ、高揚感も高まっていく…!

何気ないディナーでのひと時に、特別感をプラスしてくれる同店の魅力をご紹介しよう。

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を今すぐご覧いただけます!
アプリのダウンロードはこちらから。

客席は、ほどよくプライベート感が保たれるテーブル席のほか、しっかりと仕切られた個室(室料1,000円)や、中庭に隣接したテーブル席もある。春先には、テラスも完成予定


西麻布や六本木、青山といった港区の代表的なレストラン激戦区に隣接していながら、どことなくエアポケット感があるのが乃木坂エリア。

だから、何かのついでに立ち寄るのではなく、特定の店を訪れるために出かける、そんな立ち位置のエリアだ。

今年2月、その一角にわざわざ訪れたくなる期待のホープが誕生した。それがここ、『乃木坂 結yui』だ。

7,500円で心から満足できる至極のコース


『乃木坂 結yui』は、チャイニーズ一筋のオーナーシェフである増山 剛さんが構えた自身の店。

長年『赤坂四川飯店』で修業を積み、『広尾はしづめ』の料理長を経て、独立を果たした。『はしづめ』時代からの右腕である柳本真理子さんが、フロアを切り盛りする。

アラカルトメニューもあるが、増山さんの技と思いが詰め込まれたおまかせコース(7,500円)が出色。

手をかけた「前菜の盛り合わせ」に始まり、コースだけで味わえる「和出汁の特製スープでいただく揚げ出しおこわ」にふかひれまで、全9皿。どれも、旬の食材の魅力を引き出しつつ、穏やかで優しい食後感が心に残る。

住宅街の路地奥にある密やかな佇まいは、まさに隠れ家そのもの。

等身大で大切な人をエスコートしたい、そんな日のための一軒だ。


自慢の「前菜の盛り合わせ」は、青山椒香る生クラゲの和え物、台湾しじみの醤油漬け、よだれ鶏、ひと口酢豚など8品が。


先付には、温かいひと口スープ。


粗挽きの豚肉と玉ねぎのシンプルな「焼売」


「イカと野菜の発酵唐辛子炒め」は、旨みと辛みが融合。


「やすだ農園さんこだわり野菜の炒めもの」は、西東京市「やすだ農園」の露地栽培野菜をシャキッと炒めて。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>


シイタケの旨みが利いた「春巻」


穏やかで深い味わいの「青森シャモロックとふかひれの煮込み」


「和出汁の特製スープでいただく揚げ出しおこわ」

金華ハムを米と炊き込み、香ばしく揚げたおこわに熱々のスープをかけて。


コースの締めくくりは、シンプルな「杏仁豆腐」

アットホームな空間で、じっくり料理と向き合う


店は、外苑西通りの『デニーズ』や人気のカフェ『ウエスト青山ガーデン』が立ち並ぶ一角の住宅地に潜む。

すこぶる静かな立地だ。



デイリーに使える価格が嬉しい新店『乃木坂 結yui』。

一度食べれば、その美味しさを誰かに伝えたくなるだろう!

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、2021年3月19日時点の情報です。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は3/19(金)から。



【東カレユーザーの休日事情を緊急アンケート!】
コロナ禍で、生活様式が大きく変化した一年。
食事や趣味などについて、
貴方の休日の過ごし方をお聞かせください!

皆さんからの回答結果はまとめて発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/OZ71A7QL

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo