マテリアル夫婦 Vol.1

マテリアル夫婦:女優と結婚した35歳起業家。日本一の”勝ち組男”が新婚早々恐怖を感じたワケ

お金もステータスも、欲しいモノはなんだって手に入れてきた

物質的には、何不自由ない生活を送る“マテリアル夫婦“

でも、なぜか心は満たされない

唯一お金で買えないものは「子ども」

だったら、子どもをもうければ、もっと幸せになれるはず!?

すべてを手に入れたとき、果たして彼らは幸せになれるのか……?


日本一の勝ち組男、三枝マサル・35歳


「なんかおもしろいことねぇかなぁ…」

都会のど真ん中にそびえ立つ高級タワーマンション。プライベートプール付きのペントハウスから、東京の街を見下ろす。

一番高いところに住んで、東京の街を見下ろすのが夢だった。

脇目もふらず駆け上がり、気付いたらテッペンにいた。

大学時代から起業を繰り返し、巨額の富と輝かしいステータスを手に入れ、スタートアップ経営者兼エンジェル投資家として悠々自適な生活を送っている。

そんな僕を、人は“勝ち組”と呼ぶ。

しかし、成功と引き替えに手に入れたものは、幸せではなく虚無だった。

どんなモノを買っても、どんなモノを食っても、どんな女と付き合っても、どんな危険な遊びをしても、心が揺さぶられることはなくなった。

欲しいモノはなんだって手に入れてきたが、僕の心は満たされやしない。闇深いブラックホールのようにキラキラしたモノを片っぱしから丸飲みしていく。

初めてこの景色を見た時に湧き上がった感情は、どこへ行ってしまったのだろう。

何も感じなくなってしまったのは、いつからだろうか。

それでも僕は、一番高い場所に固執する。

東京が、ゴミ屑みたいに小さく見えて安心できるから。

派手に遊ぶことも許されないこんなご時世。それならプライベートプール付きのペントハウスを買って家で楽しもうと思ったが、それもきっと数日で飽きてしまうのだろう。

金で買えるモノなんて、たかが知れているのかもしれない。

僕がやり残したことは「宇宙旅行」と「結婚」の二つだけ。

金で買えないモノは「子ども」だけだった。

それならば…。

結婚して子どもをもうければ、幸せを感じられるはずだと思ったんだ。

【マテリアル夫婦】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo