シターラ アオヤマ

SITAARA Aoyama


SITAARA Aoyama”のニハリカレー・中勢以スペシャル

精製バターの「ギー」で煮込んだ熟成肉に、濃厚な骨髄の旨みとスパイスが絶妙に絡み合う。¥10,500。8/31まで予約可能

ムガルの王のカレーが出合った日本の熟成肉

もうひとつの特注「諭吉カレー」は、本物のインド料理で不動の人気を確立している『シターラ青山』と、肉ラヴァーから絶対的支持を得る熟成肉店『中勢以』の夢のコラボレーション。「ギー」と秘伝のマサラ、牛骨をじっくり一昼夜蒸し煮にするインド伝統の調理法で、2ヵ月熟成させた但馬産黒毛和牛のスネ肉の深いコクを見事に引き出している。

このカレーはインド・ムガル帝国時代より伝わる「ニハリカレー」といわれ、日本はもとよりインドでも味わうのが難しい貴重な料理。料理長のフセイン氏によると、「ムガルの王が戦いの朝に摂った、活力が湧き出てくる特別な料理」とのこと。熟成肉の旨みや骨髄のコクが溶け出した味わいは濃厚、かつ上品。唯一無二の王の如き存在感だ。

2 ヵ月熟成させた『中勢以』のスネ肉

左上.上質な香りと軽い口当たりが特徴の、インドの精製バター「ギー」でたまねぎと熟成スネ肉を炒める

右上.シェフ秘伝のニハリ用マサラ(スパイス)を何種類も加える

左下.骨髄がぎっしり詰まった牛骨を投入。煮込んだ骨髄は最後に取り出して一緒に盛る

右下.ナンの生地と蓋で鍋を密閉し、弱火で蒸し煮に


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ