「なんだかほっとする…」と女性からの好感度が上がる、“正統派な洋食”のお店

西麻布で2015年に創業、ビブグルマンも獲得したのが『笄軒(こうがいけん)』。

ハンバーグ、オムライス、カレーという誰もが知っている「普通の洋食」にこだわり、手間をかけ時間をかけて美味しさを引き出すことでリピーター続出となった。

そんな同店が中目黒に2号店をオープンしたというので早速取材して、最近勢いのある「正統派の洋食」をリポートしよう!

奇をてらわない〝真っ直ぐな味〞がアラカルトでそろう

「洋食プレート」2,300円


本店でも一番人気の「洋食プレート」。

牛は赤身を、豚は脂肪の多い部位を選んでブレンドしたハンバーグは、柔らかくジューシー。

目玉焼きが乗った見た目もノスタルジックで、思わず写真に撮りたくなる一皿だ。

「オムハヤシライス」1,400円


オーナーの森山裕介さんは、「どこか懐かしく飽きのこない味というテーマは同じ。中目黒でも愛される店にしたい」と語る。

その言葉通りの料理がここには並ぶ。

たとえば・・・

「オムハヤシライス」は、まろやかなデミグラスソースにアンガス牛のザブトンがたっぷり。

「広島産牡蠣のグラタン」は、中目黒店限定メニューで、ほうれん草が入った王道スタイル、といった具合。

中目黒店限定の「広島産牡蠣のグラタン」1,500円


ハンバーグに巨大な海老フライが付く「洋食プレート」や、お肉たっぷりのデミグラスソースが嬉しい「オムハヤシライス」、そしてメンチカツなど1個から頼めるサイドメニューも充実しており、満足感は言うまでもない。


目黒川沿いから一本入った裏通りにある店内は、木を基調としたクリーンで明るい雰囲気。

ワインのラインアップも魅力的で、通いたくなる店のレパートリーが、またひとつ増えることだろう。

デートで毎回試行錯誤して変化球を投げるよりも、どストレートに正統派洋食へ連れて行った方が、喜んでくれる女性も多いのだ。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は12/21(月)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo