寒い季節は、おでんが無性に食べたくなってくる!しっぽりと味わいたい都内の名店6選


寒さも増してきて、ほっこり体を温めてくれる「おでん」が恋しくなる季節だ。ふたりでしっぽり過ごせるデート向きの店はもちろん、普段使いにさくっと食べられるおでん屋も知っておきたい。

都内の人気店の中から、高級食材を使ったこだわりのおでんや、飲みながらつまめる“バーおでん”まで、厳選した6店をご紹介しよう。

1Fのカウンター席。おでん鍋が目の前に

西麻布の隠れ家で、高級食材を使ったおでんに酔いしれる

『びのむ』@西麻布

西麻布の閑静な住宅街にあり、築60年近い一軒家を改築した『びのむ』は、その立地と佇まいからして隠れ家感が満載。

玄関を上がるとさっそく、丸いおでん鍋から出汁のいい香りが漂い、席につく前からほっと心を和ませてくれる。

2Fの個室はデートにぴったり。個室料がかからないのも嬉しい

料理人と会話を楽しめる1階のカウンターも魅力的だが、デートで訪れるなら階段を上って2階の個室へ。

白いテーブルクロスにアンティークの照明が灯るテーブル席は、まるでクラシカルなフレンチレストランのような雰囲気。

横並びで座るソファも、ふたりの距離を縮めてくれる。

赤ワインを煮詰めたエシャロット入りの八丁味噌を乗せた「フォアグラ大根」

約200種のワインが揃う店とあって、“ワインに合うおでん”がコンセプト。

10,000円のコースで、好きなおでん5種、前菜3種、土鍋ごはん、デザートまでいただける。

じんわりコク深い鴨出汁ベースのスープに、おでんダネの魚介の旨みが溶け込んだ、まろやかで優しい風味が絶品!

トリュフ香る「半熟卵」は濃厚な味わいが特徴

フォアグラ大根や鴨モモ肉入りのロールキャベツなど、ユニークなメニューに気分が上がる。

フレンチ感覚のおでんなら、ほっこり温かな冬のデートを楽しめるだろう。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

まるでスポットライトを浴びているかのようなカウンター席はカップルに大人気。ふたりの時間を盛り上げてくれる

一ッ星の日本料理店が供する上品なおでん

『あざぶ一期』@麻布十番

おでんデートをするなら落ち着くだけでなく、艶っぽさのある空間を選びたいもの。

リラックスしながら親密度を高めるのにぴったりなのが、麻布十番の『あざぶ一期』だ。

京都の割烹のような落ち着いた空間で、全国から仕入れる旬の食材を使った一品料理とおでんを織り交ぜたコースを堪能することができる。

おでんを日本料理の煮物椀と同じイメージで供するのが特徴だ。

カウンター席の目の前に設置されたおでん鍋。21種前後のタネがラインナップされている

5品のおでんを、懐石コース(12,800円)の一部として選べるのが面白い。

湯気とともにふわりと上品な香りが立ち上る出汁は、豆鯵ととび魚、いりこ、真昆布など8種の食材をブレンドし、弱火で時間をかけて煮込んだもの。

ぷっくりとした大ぶりの牡蠣のミルキーな甘みを山椒とポン酢が引き立てる「牡蠣」。冬季限定の人気おでん

特注鍋から一品ずつ皿に盛りつけられるおでんは、具材がふくよかな出汁の風味をたっぷりとふくんでいる。

なかでも味わってほしいのは、旨味たっぷりの「牡蠣」である。

3時間ゆっくりと煮て柔らかく仕上げられた「牛すじ」。黒七味でピリッとしたアクセントを添えている

こんにゃく、厚揚げといった定番はもちろん、冬季限定のすっぽんや、関東ではめずらしい肉吸いといった変わりダネも。

掘りごたつ式のカウンターでじんわりと滋味深いおでんを味わえば、ふたりの仲も温まるというものだ。

麻布十番商店街に佇む、趣のある軒先を一度は目にしたことがあるだろう

麻布十番でひと際目立つ店が誇る、最後の一滴まで飲み干したくなるおでん

『すぎ乃』@麻布十番

どこか下町の雰囲気が残る麻布十番商店街の有名店がこちら。

お酒好きの相手と気取らずにおでんで一献、という気分のときに訪れたいのが『すぎ乃』だ。

軒先に下げられた杉玉に良店の気配を感じながら暖簾をくぐると、温かみのある空間が広がる。

1階のカウンター席。2階にはテーブル席や個室もあり、広々としている

カウンター越しに見える大鍋では、大根やロールキャベツなどのおでんダネがくつくつと煮込まれ、上品な出汁の香りにたちまち心がほぐれていく。

この店の名物は、鰹や鯖、利尻昆布に地鶏のガラから取る出汁で煮込んだおでん。

飲み干したくなるほどクリアな出汁にこだわったおでんにはまり、訪れる常連客も多い。

「白海老のかき揚げ」700円。出汁が滲みた状態でいただくと、優しい味わいが口いっぱいに広がる

20種前後揃えるタネには、季節限定の活け鱧と松茸のように旬を感じる食材や、この店ならではのオリジナルも多い。

中でも食べてほしいのは、蕎麦店の“そば抜き”にヒントを得た「白海老のかき揚げ」。お出汁を吸ったかき揚げが、なんといいアテになることか。

「はまぐり」1,200円。はまぐりの濃厚な旨みエキスが凝縮。素材の風味がクリアな出汁と合わさり、最後の一滴まで飲み干したくなる

淡麗系、旨口系と常時30種以上をラインアップする日本酒とおでんの相性は言わずもがなで、杯を重ねるうちに相手との会話も弾み、自然と打ち解けられるはず。

華美ではないが、癒しのムードにあふれる“港区のオアシス”的な店でしっとり大人な夜を過ごすのも悪くない。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo