たかが離婚、されど離婚 Vol.11

別れたはずの夫から3年ぶりに連絡が…。元妻にどうしても会いたがる男の目的とは


「どうしても会って話したい」

元夫・紘一からの突然の電話。彼らしくない強い口調。

あれから2週間、友梨は気が気ではない時間を過ごした。

さらには、紘一が指定した場所もよりいっそう友梨を混乱させた。かつて彼からプロポーズを受けた、東京タワー近くの懐石料理店だったからだ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
うーん、これは美談だな。
紘一の現パートナーが知ったらすごく嫌な気持ちになると思う。近い親戚に3年も離婚を隠していたことも祖母の死をわざわざ報告に行くことも。
子供がいたならともかく、感傷を残すことなく覚悟を持って離婚するべきだと思う。今のパートナーのことを最優先にするなら亀裂が入る可能性があることはしないのが賢明。
2020/11/29 07:1263返信10件
No Name
あ、まだ続くんだ。
2020/11/29 05:0538
No Name
確かに、結婚したら家族は増えるし、離婚したら家族が減る……。紘一のおばあ様、素敵な言葉を残してくれましたね😃

友梨と将一が同居している時点でおかしいんだから、早めに解消できて良かったと思うけど、急には変ですね……。荷物は、きちんと整理して下さいね💦 紘一の再婚予定の相手が、真由子でないことだけを祈ります💦
2020/11/29 05:2634返信2件
No Name
小学校教諭もコロナ対応はもちろん大変だと思うけど、ホテル勤務もなかなかだと思うけどな。
2020/11/29 07:1923返信1件
No Name
自分達の離婚は手紙で済ませたのに、身内の訃報はプロポーズした場所で直接話すって違和感あります。
妻は別れられる家族って言葉を想い出した。
2020/11/29 10:2521返信2件
もっと見る ( 34 件 )

【たかが離婚、されど離婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo