胡麻油の香りが立ち上る! 港区の冬の風物詩は麻布十番のコク旨鍋だ!

毎冬大人たちが魅了される、“クセになる”石鍋の全貌


ここ『石頭楼』では、調理をすべてスタッフにおまかせできるから嬉しい。

最後まで気を使うことなく楽しめるので、会食やデートにももってこいだ。


具材はというと、たっぷりの野菜と、カニ、エビなどの色鮮やかな海鮮に加え、お肉、肉団子、餃子などボリュームたっぷり。

あらゆる食材のエキスが凝縮されて、深い旨みに繋がる。

お肉は牛と豚の2種類。胡麻油ベースのスープに良く絡むよう薄切りで。足りなくなれば、随時追加も可能。

鍋の定番、白菜もたっぷりいただく。くたくたになった白菜とスープのコンビネーションもまた、抜群だ。

美味しさの秘訣①
まずは鍋で肉を焼いて、胡麻油に旨みをうつす


石鍋に新鮮な胡麻油をひき、まずは牛や豚肉を焼く。

ある程度、肉に火が入ったところでいったん引きあげ、野菜や魚介といった具材を加える。

油にうつった肉の旨みを、ほかの食材にまとわせるのが美味しさのポイントなのだ。

胡麻油に旨みが移ったら、一旦肉を取り出して白菜、そして鶏ガラベースのスープを加える。

海鮮などの他の具材を入れて、一番最後に、肉を戻す。このひと手間があることで、旨みは最大限に引き出され、柔らかいままで食べられる。

美味しさの秘訣②
ポン酢ダレと特製卵ダレの二刀流!

胡麻油の香りをまとった食材とタレの相性は抜群!

二種類のタレを使い分けることで、最後まで飽きずに食べられる。具材の追加必至だ。


卵黄をしっかり溶いて、お好みで豆板醤やにんにくを加えることで一層美味しく鍋を楽しむことができる。

中国や台湾でおなじみの腐乳を入れると、さらに味にパンチが出る。

雑炊かラーメンで選べる〆はまた絶品!

圧倒的人気は、ラーメン。胡麻油の香りとラーメンの相性は言わずもがな。

鶏ガラ出汁ベースのスープは味わい豊かで、満腹でもするする入る。スープをちびちび飲みながら、お酒を楽しむ人もいるのだとか。それほどに、旨みが凝縮されている。



デザートにはさっぱりと自家製杏仁豆腐が。

季節の前菜、鍋、〆のラーメンか雑炊、デザートが含まれたコースで¥6,000(税サ別)。

インパクト抜群の『石頭楼』は、一度体験すると、その誰しもがクセになる。

ロケーションも味も、意外性しかない鍋を知っていれば、寒い冬も一層楽しく過ごすことができそうだ。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は11/21(土)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo