イラストで紐解く!東京随一の夜景を誇る『ニューヨークグリル』がデートに効く4つの理由

デートの王道といえば夜景だ。高層階から見下ろす煌びやかな光は、間違いなくふたりの気持ちを上げてくれる。

夜景の美しいレストランは数多あるが、中でも20年以上色あせない魅力を放っているのが、ここ。

新宿の「パークハイアット 東京」の最上階に位置する『ニューヨークグリル & バー』だ。

開業以来、人々を魅了し続ける同店。時代の潮流に流されることなく、普遍的な人気を誇る理由とは?

その人気のポイントを紐解いていこう!

ホテルを象徴するライブラリーを通るという「唯一無二の導線」


1994年に開業した「パーク ハイアット 東京」。華美な装飾を一切排しながらも、エレガンスと気品を備えた新しき〝モダンラグジュアリー〞を体現したホテルであり、今もなお世界中のゲストを魅了している。

そんなホテルのメインダイニング『ニューヨークグリル & バー』は、最上階に位置している。

そのため、ホテル内を通ることが必然となるが、それこそ、他のレストランにはないキモ。

同ホテルの代名詞とも言える41階のライブラリーを導線にできるのだ。

ここは、本の並べ方、開かれるページまで、インテリアデザインを手掛けるジョン・モーフォード氏によりすべて指定されているという。

東京随一のスタイリッシュな空間を導線にできるというのが、何よりの贅沢なのだ。

メインダイニングに足を踏み入れた瞬間、視界いっぱいに広がる「圧倒的な夜景」


最上階は地上200m以上という高さ。通常であればペントハウスやスイートルームなど、最上級の客室にだけ許される眺望にレストランがあるのは、世界的に見ても珍しい。

52階に着き、オープンキッチンを抜け、メインダイニングへ。ここは昼、夕、いつ訪れても圧倒される大パノラマではあるが、舞台装置としてドラマティックな効果を生むのは、やはり夜。

変化し続ける街並みとシンクロするように輝きを増す絶景は、魔力のような妖艶さでふたりを包み込んでゆく。

高い天井にはニューヨークをテーマに描かれたアート。そして、東京の煌めく夜景。何度訪れても入店時の高まりは色あせない。

スタイリッシュな空間にこだまする、生演奏は「贅沢すぎるBGM」


ダイニングの雰囲気は、まさに唯一無二。コロナ禍以前は外国人ゲストが8割を占めていたというインターナショナルな雰囲気は、ニューヨーカーをして〝NYよりもNYらしい〞と評される。

食事をしながら聞こえてくるのは、お隣の『ニューヨーク バー』の生演奏。1日4回行われるジャズバンドによる演奏が、摩天楼のきらめきをより輝かせる。

夜景はビルの明かりが輝く20時〜21時ごろが最も美しく、贅沢すぎるBGMとともに気分を盛り上げてくれる。

名作映画の舞台になったという、語りたくなる「ストーリー」


しっかり食事を楽しんだ後は、バーに移動して、名作映画をつまみに乾杯。

『ニューヨーク バー』は2003年公開のソフィア・コッポラ監督の出世作、『ロスト・イン・トランスレーション』の舞台としても知られ、今なお世界中からファンが訪れる。

映画で主役のふたりが飲んでいたのは「ウォッカソーダ」と「響 17年」だったというが、一層、追憶に浸りたい人には、映画をモチーフにしたカクテル「L.I.T」(¥2,400)がおすすめ。

桜リキュールや日本酒、クランベリージュースなどをミックスした女性に人気の1杯で、ふたりの会話も一層盛り上がる。

月刊誌最新号では、『ニューヨークグリル & バー』の料理の魅力なども余すことなく掲載している!

もちろん、そのほかにもデートで「誘いたくなる店」を多数掲載。ぜひ、チェックしてもらいたい!

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo