“一般女性”の告白 Vol.4

「今だって幸せなはずなのに…」結婚後、つい昔の男にLINEしてしまう女の心理

芸能人の恋人や妻になる「一般女性」って、一体どんな人?

週刊誌やワイドショーすら多くは語らない、ヴェールに包まれた“芸能人の彼女“たち。

世間に名をとどろかせる男とどこで出会い、どうやって恋愛に発展させるのか…。

それは、1%の奇跡と、99%の必然。

彼女たちには、芸能人から愛される”理由“があるのだ。

そんな謎めいた女たちの、知られざる素顔に迫る!

▶前回:あえて“全ゴチする”!?狙った男を確実に落とす美女の驚きの戦略


自室にこもって仕事をする夫のため、コーヒーを淹れる朝。

昨今リモートワークが主流となりつつあるが、IT企業経営者である夫の生活ペースは以前とあまり変わらない。

ー今日はカフェでお茶でもしようかな…。

地上38階から望む雲一つない秋晴れの空をみながら、私はそんなことを考えていた。

『今日のゲストは、天才的な演技力を誇る実力派俳優、本田詩(ウタ)さんです!』

つけっぱなしのテレビから流れてきた、聞き馴染みのある名前に思わず振り返る。

どうやら、今日から公開される映画の番宣コーナーらしい。

ぎこちない笑顔で、必死に言葉を選びながら司会者と話す端正な横顔は、あの頃と何も変わっていない。

―詩くんも、33歳かぁ。トーク番組苦手なのに、頑張ってるな…。

テレビの画面に大きく映し出された彼の姿に、チクリと胸が痛んだ。

「…香澄?」

「わっ!」

突然背後から声を掛けられ、私は素っ頓狂な声を上げる。

「あ、ごめん…驚かせちゃった?俺、今からちょっと打ち合わせで出なくちゃいけなくて。夕飯までには帰ってくるから、夜はイタリアンにでも行こうか」

「うん!いってらっしゃい」

優しい夫の背中を見送ってから、再びテレビに視線を戻した。

青白く陶器のように綺麗な肌、艶やかな黒髪、大きな瞳を縁どる長い睫毛、細い首筋。

あれから2年も経つのに、彼はあの頃のまま。

―詩くん…。

夫に渡しそびれたコーヒーが、手の中でどんどん冷めていくのを感じた。

【“一般女性”の告白】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo