男と女の怪談~25歳以下閲覧禁止~ Vol.1

男と女の怪談:婚約破棄された29歳女が半狂乱に…。商社の受付嬢が見た、戦慄の来客予告とは

男と女の、珠玉のラブストーリー。

秋の夜長、「その先」のことを語りましょうか。

待ち受けるのは、深くて暗い、底なし奈落。

恋をしたら決してこの物語を読むことなかれ、
特に25歳以下は閲覧禁止。

「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもの。

この物語の主人公、あなたの知り合いだと気づいても、
どうか、素知らぬフリをして―。

第1夜「迫る女」


商社勤務・受付嬢29歳の平凡な日常が…


汐留の、作りものめいた風景が好きだ。

通勤なんて短くて楽であるほどいい。新しい服や華奢な靴を濡らすことなくオフィスに入れることは、時給と同じくらい、派遣先を選ぶときの大きな決め手だった。

時間がある時は遠回りして、大好きなカフェ『コンフォートスタンド』で熱い絶品コーヒーをテイクアウト。そして受付スタッフは、8時前には控室に。

そこで徹底的に身なりを整える。

湿気がある日は通勤で乱れた髪をもう一度ヘアアイロンでカールさせてから、驚くほど広いエントランスの中央、総合受付カウンターに出るのだ。

お食事会で大手総合商社の受付嬢だとわかると、好色な目で見られたり、同席したキャリア女子からあからさまに馬鹿にしたような視線を投げかけられたりするが、もう慣れっこ。

受付嬢は気楽そうに見えるが、現実は厳しい。

1日100人以上を接客、半分くらいは英語を使い、何百とある部署名、扱う商材、役員や部長たちの顔とフルネームを頭にたたきこまないとつとまらない。時給は2,000円と、派遣としては好待遇だが、入社して1週間で辞める子もいる。

とは言え、残業はまったくと言っていいほどなく、あっても1分単位でお給料が出るので私はこの仕事がおおいに気に入っていた。

会社は、CA経験のある若くてきれいな人妻を優先して採用していて、元CAでもなく独身で、2年前当時27歳の私が決まったのはラッキーだった。

会社が独身を嫌うのは理由がある。

これまで、もめごとを起こして辞めた子は、全員が男性社員と色恋沙汰がこじれた挙句のことらしい。

「礼美ちゃんも、面倒だったらフェイク結婚指輪でもつけたほうがいいんじゃない?」

すでに商社マンやエリートの妻の座を手にして、子供ができるまでの暇つぶしにここにきている優雅で無神経な同僚が詮索してくるたびに、私はにっこりとうなずいたりしてみせた。

まあ、そうは言っても、私ももうすぐ「そちら側」に行く身だ。

余裕で微笑めたのも、不良妻の心得なんてしょうもない話にそれなりに楽しく耳を傾けられたのも、婚約中という身分だったからに他ならないのだ。

結婚しても、しばらくはこの楽ちんな身分を手放さず、汐留OL気分を味わおう―。

そう考えていたある日、それは起こった。

【男と女の怪談~25歳以下閲覧禁止~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo