男と女の答えあわせ【A】 Vol.23

彼の部屋で深い関係になった直後、女が放った“ある一言”に男が凍り付いたワケ

男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—果たして、あの時どうすればよかったのだろうか?

できなかった答えあわせを、今ここで。

今週のテーマは「一晩を共にした途端フラれた女に、起死回生のチャンスはある?」いう質問。さて、その答えとは?

▶【Q】はこちら:「一晩だけの女だったの?」3回目のデートで家に泊まった女に対して、男が思っていたコト


朋子と出会ったのは、友人の紹介だった。最初は、可愛いし綺麗だし、いいなと思って僕の方からデートに誘った。

だから3度目のデートで体の関係を持ったのも事実だ。

確かに、そんな曖昧な状況で家に誘った僕も悪かったのかもしれない。だが3回会ううちに、気がついてしまったのだ。

「朋子ちゃんとは、良い友達でいたいと思うんだ…」

4回目の時、僕はわざわざ朋子をカフェに呼び出し、きちんと本心を伝えた。

「え?でもこの前…」
「ごめん。一緒にいる時は楽しかったんだけど、交際とかは考えられなくて。ごめん」
「そんなことをわざわざ言うために呼び出したの…?」

表参道のオープンカフェは結構混んでおり、隣の人に聞かれたら気まずいなぁと思いながら、僕は慎重に話を進めた。

わざわざ会って話さなくても、フェードアウトでよかったのかもしれない。もしくは、LINEで伝える手だってある。

僕も最初はそう思っていた。だが、対面で会わざるを得ない理由が彼女の性格に隠されており、そして僕はその性格が本当に無理だったのだ。

【男と女の答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo