全長100mのグルメストリート「渋谷横丁」がミヤシタパークに誕生!

渋谷・宮下公園の跡地にこの夏オープンした複合商業施設「MIYASHITA PARK」。

その一角、といっても明治通りに面した全長100mに及ぶエリアに登場したのが、19もの飲食店が軒を連ねるその名も「渋谷横丁」だ。

「横丁」というレトロな風景を現代に蘇らせた、渋谷の新たなグルメストリートを早速紹介していこう!


郷土料理からB級グルメまで。日本全国の味がこの横丁に集結!

「渋谷横丁」は、渋谷駅から徒歩3分「MIYASHITA PARK」South1階の全長100m、約1,000㎡のフロアに、8/4オープンしたばかり。

ここでは、日本の各地域の美味しいグルメのお店が「食市」というかたちで集結。

北海道、東北、関東、横浜中華街、北陸、近畿、東海、中国、四国、九州、沖縄、韓国の各「食市」が軒を連ね、各地の郷土料理やソウルフードが一度に楽しめる空間となっている。

ゆえに「渋谷横丁」では、福岡のもつ鍋から高知のかつおを堪能し、シメに北海道の味噌ラーメンをすするといった贅沢なハシゴも可能。

もちろん、各地の絶品料理に合わせて、日本酒や焼酎など各ご当地のお酒も充実している。

絶品グルメを引き立てる、レトロな空間と遊び心にも注目!

昔懐かしい商店街をテーマに、ディテールまでこだわった横丁の内部も見どころ。

レトロなちょうちんや昭和の看板、標識等がそこかしこで見られるほか、『力士めし 萬』では国技館に飾られていた本物の優勝額も鎮座。

各店舗の内装には、駄菓子屋、風呂屋、消防署などそれぞれ異なるコンセプトが設けられ、目でも楽しませてくれるお店が並んでいる。

さらにインパクトという意味で楽しみなのは、各店が提供する「乾杯ドリンク」。

お店のキャラクターに沿って趣向を凝らし、風呂桶、クーラーボックス、金魚鉢といった大胆な器に並々と注がれ提供されるドリンクは、SNS映え間違いなし。

このほか、今後は新型コロナウイルスの感染状況を見つつ、盆踊りや地域の祭り、演歌アーティスト、DJのパフォーマンス等のイベント企画も予定。

単なる飲食店街の枠を超えた空間といえる「渋谷横丁」。ぜひ、五感で楽しめるグルメエンターテイメントを体感してみて!

厳選した「食市」からおすすめメニューをご紹介!

※価格はすべて税抜

◆フード


『北海道食市』の「名物!うにもっきり」

価格:1,299円

帆立・赤貝・ホッキ貝・平貝などの貝のなめろうの上に、甘みのあるうにをたっぷりと盛り付けた名物メニュー。

貝の旨み、味噌の塩味、うにの甘みのバランスが絶妙な美味しさだ!


『近畿食市1』の「まんぼ焼き」

価格:999円

鉄板で焼いた生地の中にホルモンや焼きそばなどの具を入れて焼き上げる、京都民に愛されているご当地お好み焼き。


『九州食市』の「鉄鍋餃子」

価格:8個 599円/16個 1,199円/33個 2,399円

野菜たっぷりのジューシーな具が入った鉄鍋餃子。小ぶりでいくらでも食べられる博多名物は、ビールのお供にぴったり!


『東海食市』の「皿台湾」

価格:799円

名古屋の新名物となっている汁なし台湾ラーメン。ニンニクと唐辛子が効いたピリ辛な味わいを楽しんで。

◆ドリンク

『力士めし 萬』の「横綱盃(米焼酎水割り)」

価格:2,999円

『力士めし 萬』の乾杯ドリンクは、大きな横綱盃で米焼酎水割りを提供。優勝力士のようなおめでたい気分も味わえる!?


『関東食市』の「金魚鉢で金魚ハイ」

価格:1,999円

酎ハイに、水草に見立てたシソと、金魚に見立てた唐辛子を入れた乾杯ドリンク。

辛みとシソの香りがほんのり感じられる、見た目も涼やかなドリンクを金魚鉢で提供。


『魚利喜』の「クーラーボックスガリ酎」

価格:2,499円

魚屋をコンセプトとした「魚利喜」の乾杯ドリンクはクーラーボックスで登場。

ガリ酎は、お寿司屋さんなどでおなじみのガリ(生姜の甘酢漬け)が入った酎ハイ。ガリの甘酸っぱさがことのほかマッチして、ハマること間違いなし


『四国食市』の「一升枡で地酒ハイボール」

価格:1,999円

一升枡で提供される乾杯ドリンクは、『四国食市』から。

酒屋をイメージした内装コンセプトに合わせたスタイルで、高知を代表する地酒「酔鯨」を使用した地酒ハイボールをたっぷりと。


『中国食市』の「カープボウルでカープ梅酒サワー」

価格:999円

カープ女子がプロデュースした広島東洋カープ公認「カープ梅酒」のサワー。

色はカープカラーの赤で、すっきりとした飲み口が特徴。「赤ヘル」をイメージしたカープボウルに入れて。


『牛・豚精肉 大黒』の「消火バケツでバリキング」

価格:2,499円

消防署をイメージした内装コンセプトに沿って、乾杯ドリンクも消火バケツで提供。

真っ赤なバケツはミスマッチなようで、画力は抜群!


『鶏・かしわ・焼鳥 布袋』の「たれ壺クレイジーレモンサワー」

価格:1,999円

焼鳥のたれ壺に入れて供される乾杯ドリンクがこれ。

マイヤーレモンのナチュラルな果実味を封じ込めたジューシーなレモンサワーじゃ、暑い日の一杯に最適。

「横丁」展開のパイオニアとして古き良き日本の文化を継承

「渋谷横丁」をプロデュース、運営するのは浜倉的商店製作所。

12年前、かつて賑わいをみせていたものの、シャッター街と化していた東京・恵比寿の公設市場跡地を「恵比寿横丁」として再生。

次世代に昔ながらの横丁文化を継承するため、現代のマーケットにあった横丁をプロデュースし、再び活気と賑わいを取り戻すことに成功。

おしゃれなダイニングブームの中、“背伸びせず、普段の自分でいられる場所を作りたかった”という思いから生まれた「恵比寿横丁」。

以降、有楽町高架下に産直酒場の先駆け「有楽町産直飲食街」(現有楽町産直横丁)、「新橋ガード下横丁」、ビル1棟丸ごとをプロデュースした「日比谷産直飲食街」などを展開。

いずれも世代を超えて老若男女が集う新たな“たまり場”となっている。

「MIYASHITA PARK」について

渋谷区と三井不動産によるPPP(パブリックプライベートパートナーシップ)事業として、渋谷区立宮下公園の再整備のため建設した低層複合施設。

敷地面積約10,740㎡、延床面積約46,000㎡、全長約330mの施設に公園を再構築しつつ、新たに商業施設・ホテルが入居。

宮下公園の持つ魅力を施設全体で最大化させ、これまで以上に街全体の賑わいを創出。災害発生時には周辺地域滞在者などの帰宅困難者の一時退避場所として機能することも期待されている。

■施設概要

施設名:渋谷横丁
住所:渋谷区神宮前6ー20ー10 MIYASHITA PARK South 1F
営業時間:11:00〜23:00
※当面の間はこちらの時間で営業。今後の状況により延長となる可能性あり
定休日:施設に準ずる
席数:店内 1,200席/テラス 350席
店舗数:19店舗
URL:https://shibuya-yokocho.com/

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo