美活時代 Vol.9

男に貢がれ続けてきたはずなのに、預金残高がほぼゼロに。そのとき女が取った行動は

美は、お金をかければかけるほど育つ。

美容皮膚科に、ネイルサロン。それからサプリメント…。いくらあったって足りないの。

誰もがうっとりするような、手入れの行き届いた美貌。

ーそれさえあれば、魔法みたいに全てが上手くいくんだから。

そう信じて美に人生を捧げてきた27歳OL・ユリカの物語。

◆これまでのあらすじ

後輩社員の麗は「美は、何かを達成するための手段だ」とユリカに語る。その言葉を聞き、ユリカは“自分にとって美はゴールで、その先に達成したいものなど何もない”ということに気付いたのだった。

▶前回:職場で“女”を武器に仕事をしてきた27歳OL。入社5年目、女の身に起きたこととは…


「私にとって、美容ってなんだろう…」

ユリカは仕事帰りの身体を、寝室のベッドに横たえて考えていた。ため息をつくユリカの手には、今までかけた美容クリニック代を書きとめたメモが握られている。

受けた施術内容と費用を逐一メモするようになってから、もうすぐ5年。

累計費用は......


【美活時代】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo