驚きと新たな発見の連続!注目の最新スイーツ5選

おうち時間が増え、ゆったりと過ごす機会が多くなり、無性にスイーツを欲するようになったという人も多いだろう。

実は今、スイーツはビジュアルに食感、素材や味覚まで圧倒的に進化している。

そこで、今話題のスイーツをピックアップ。

新たなスイーツとの出合い、そして発見の喜びを注目の店に足を運び、テイクアウトで感じてほしい。

直径11cm¥3,500。要冷蔵。賞味期限/当日。※要予約


遠い南国への旅路に思いを馳せる特別なスイーツ
『INFINI depuis 2020』の「パラディ」

今、食の最前線を走るシェフは、自ら産地を訪ね、そこで知った感動を皿の中で伝えることに注力している。

パリの三ツ星『ギイ・サヴォア』を経て、日本では『ブノワ』でシェフパティシエ等を務めた金井史章氏もそのひとり。今年1月に開業した新店『INFINI depuis 2020』は早くも人気店になっている。

このケーキは「Paradis=楽園」の名のもとにシェフ自身が現地に足を運び選んだ、南国のフルーツや花のビビッドな見た目が特徴。

甘みや酸みが交互に感じられ、まるで南国に旅したような気分が味わえる。

ココナッツ入りの生地にピスタチオムース、ナッツと洋酒漬けフルーツ入りヌガーのムース、パッションフルーツムースを重ね、中には西表島産ピーチパインのコンポートも。

高知県産マンゴーを贅沢にのせ、パッションとマンゴーのソース、鮮やかな食用花を添えている。


■店舗概要
住所:世田谷区奥沢7-18-3
TEL:03-6432-3528
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜

直径9cm¥2,500(直径12cmサイズもあり)。要冷蔵。賞味期限/当日。※要予約


素材を見つめ抜いたひたむきさに、概念を覆される
『おかしやうっちー』の「みるく(ショートケーキ)」

セオリーに縛られないクリエイターが注目される現代。それは食の世界も同様だ。

来栖けい氏のレストラン『ボニュ』でシェフパティシエを務めた内山裕介氏が2019年9月に開業し、食通の間で話題になっている『おかしやうっちー』がまさにそう。

このショートケーキも、フルーツはなく、ただ生地とクリームのみの他にない造形。

それが信じられないほどミルキーでシルキー。素材とひたすら向き合う真摯な発想から生まれた新定番といえる。

通常、ショートケーキには乳脂肪分40%台の生クリームを使うが、ジャージー牛乳に生クリームを加え、乳脂肪分約20%の乳味溢れる軽やかなクリームを使用。

生地にシロップを塗らず、焼く前に水を加える独自製法でしっとり感を表現している。


■店舗概要
住所:渋谷区千駄ケ谷3-27-9 1F
TEL:03-6721-0277
営業時間:11:00~17:00(無くなり次第終了)
定休日:不定休(Instagramでお知らせ)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo