妻のベール Vol.17

「結婚生活は不満だったけど…」夫のもとを飛び出した妻が、我に返って取った行動

IT社長として成功した柳川 貴也(やながわ たかや)の妻・美香。

共に貧しい時代を乗り越えたこともあり、今でも貴也の一番の理解者である妻。

彼女の支えがあったから成功出来たと言っても、過言ではない。

成功者の夫と、それを支えた妻。絵に描いたような夫婦に隠されていた、妻の秘密とは?

◆これまでのあらすじ

激怒した貴也は財前に詰め寄るが、財前の口から語られたのは美香がもともと離婚していたがっていたという事実だった。未練を感じながらも、貴也は美香に別れを告げるが…。


2019年 9月


窓を開けると、ふわりと風が入り込んでくる。

部屋の空気は決して淀んでいるようには感じなかったのに、外から流れこんできた風は、胸いっぱいに吸い込みたくなるほど爽やかに感じられた。

-最近、窓も開けてなかったな。

そんなことを考えながら、貴也は自分の部屋の窓をすべて開け放った。

バルコニーに出てみると、眼下には普段通りの街並みが広がっている。その光景は、これから大きな変化を迎えようとしている自分の家とは対照的で、心の隅に寂しさを感じた。

「ちょっと。なに黄昏てるのよ」

美香がひょいと顔を出して、からかうように言う。

それに応えようとしたが、彼女はすぐに部屋の中に戻って行ってしまった。自分にかまっている暇はないらしい。

今日は、美香の引っ越しの日だ。

「手伝おうか?」と聞く前に、気遣いは不要だと告げられた。

「この部屋、空気が悪いわ」

そう言って美香は、帰ってくるなり家中の窓を開け放った。貴也もそれに倣ってみたのだ。

手伝うこともなく、貴也は暇を持て余していた。椅子に座って何をするでもなく、天井を眺めたりしてやり過ごす。すると、リビングの方から美香の声が響いた。

「ねえ、貴也。ちょっと手伝ってくれない?」

「結局手伝わせるのかよ」

苦笑いする貴也に、美香も「ごめん…」と笑った。

【妻のベール】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo