『東カレテイクアウト』 自宅で楽しみたい東京最強グルメ! Vol.28

恵比寿で人気の隠れ家『鮨 ニシツグ』がとっておきの贅沢なテイクアウトをスタート!


遊びなれた大人たちを細やかな仕事と多彩な技で魅了する!『鮨 ニシツグ』

『鮨ニシツグ』は恵比寿駅から1分、恵比寿1丁目交差点にあるビルに居を構える鮨屋だ。この最高の立地にある鮨屋でもテイクアウトを楽しむことが出来る。この充実のメニューなら、港区おじさんも、読者のあなたもきっと笑顔になるはずだ!

【テイクアウトメニュー】《価格は全て税込》
✓太巻き ¥3,500
✓バラチラシ ¥5,000
✓つまみなど ¥600~

【注文方法】
当日の電話受付時間は11時~、販売時間は15時~20時。数量限定のため、事前に電話にて予約を。

◇鮨 ニシツグ TEL 03-6277-2780

※4/29時点での情報です。最新情報は店舗公式サイトをご確認ください ⇒ https://www.facebook.com/sushinishitsugu

【店舗紹介】日本一美しいカウンターを構える鮨屋『鮨 ニシツグ』

店内の長い一枚カウンター。内装デザインは『鮨早川』同様「JET SETTER」が担当した

漆黒の闇とでも形容したくなるほど、仄暗い店内でスポットライトを浴びる美しいカウンターと、立派な五葉松の盆栽。何ともセクシーなこの店は、同じ恵比寿で人気を博す『鮨 早川』の姉妹店として、2016年1月にオープンした。

店を仕切る主人の西胤秀樹氏は「この道20年」という生粋の寿司職人。腰を据えて握り、肴と向き合っている。「そうですね、男女のお客様が多いです。皆さん、長居されるから一日に一回転。けれど、それが売りでもあります」と店主は笑う。

穴子。炭火で焼いて香ばしく。半分にカットして一方を塩で供すことも

主人の西胤氏は南千住の生まれで、下町っ子でもある氏の語り口は軽妙洒脱。

料理にも、その性格は表れていて、アワビの酒蒸しで残った肝のソースがあれば、サッとシャリを入れて「これで食べちゃってください」。何とも粋なのだ。

中トロ。丁寧な細かな包丁目が入っている

メニューは「おまかせ」のみ。江戸前鮨をベースに、伝統技術・最新技術・最新機材を使用した、いわゆる“ハイブリッド鮨”が楽しめる。

ノドグロの昆布締め

厚く切ったノドグロの昆布締めには、ゆっくり丁寧に包丁目を入れて、小ぶりのシャリで軽やかに握る。「やっぱり、厚めの方が美味しいですから」。嬉々として己の仕事に勤しむ、その姿もどこか艶っぽい。

THE大人!といった雰囲気漂う鮨屋が提供するテイクアウト。自宅でも美食を味わいたい、そんなグルメな貴方にこそ体感して欲しい。

『鮨 ニシツグ』過去記事まとめ ⇒ https://tokyo-calendar.jp/restaurant/3804

★東京都内の極上テイクアウトグルメ情報は、平日毎日更新中!
★他のお店のメニューもこちらからチェック!

【『東カレテイクアウト』 自宅で楽しみたい東京最強グルメ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo