【アポなし取材】編集部女子ふたりが話題の「五反田ヒルズ」で、とことんはしご酒してみた

ラグジュアリーな雰囲気の店もいいが、たまには居酒屋で飲みたいときもある。

そんな東カレ編集部員・岩崎が、後輩・都地を誘い、会社近くの“五反田ヒルズ”で飲み明かす。


夜の歓楽街のイメージが強く、かつては近づき難い印象もあった「五反田」。

昨今はアクセスの良さや賃料の安さに注目が集まり、ベンチャー企業のオフィスが集結。〝五反田バレー〞と呼ばれることでも話題だ。


そんな五反田の中でも今特に注目を浴びている場所が、五反田駅西口から徒歩2分の「リバーライトビル」、通称〝五反田ヒルズ〞だ。

目黒川沿いにあり、50軒を超える飲食店やスナックが集結。ここではしご酒をすることが若者にまで流行っているそう。

そんな噂を聞きつけた東カレ編集部員・岩崎。まだ一緒に飲んだことがない新人・都地を無理やり引き連れ、人生初となる五反田ヒルズはしご酒の旅へ繰り出す!

左:編集・岩崎(32歳)。編集歴約10年の中堅。独身街道まっしぐらの今、気軽にひとり飲みできる店を開拓中!
右:編集・都地(26歳)。入社半年の新米編集部員。ゆとり世代。『立ち呑みとだか』の予約につられ、やってきた


五反田ヒルズが誇る超人気店
『立ち呑みとだか』@B1F

人気和食店『食堂とだか』の姉妹店で予約が半年以上待ち、との噂もあるので事前予約必須。店名に“立ち呑み”という言葉がついているが、全席着席スタイル。

「念願のとだか♡」にウキウキのふたりは「とだビアーノ」¥800と「イチゴサワー」¥900で乾杯。

自撮り慣れした都地の記念撮影テクニックに感嘆しつつ、岩崎は名物「ウニ・オン・ザ・煮卵いくらのせ」¥900にご満悦。


「とだチキ」(1本¥200)も食べねば!と急いで完食し、次へ。


サク飲みの聖地、ここにあり
『美亭』@1F

2Fにある『美亭』は知らなければ通り過ぎてしまうような少し奥まった場所にある。お酒も料理もリーズナブルで、うまいアテと気軽に一杯、が叶う店。


1軒目で食べることに徹したふたりが「次はしっぽり飲もう」と選んだ2軒目。

鮭ハラスにアスパラの肉巻き(各¥150~)などの串と、出汁巻き卵¥400をアテにお酒がすすむ。


酔い始めた都地は「彼氏いるんですかー?」と爆弾質問。スルーする岩崎をよそに、自身の恋愛トークを繰り広げた。「平成生まれって遠慮がないのね(岩崎心の声)」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo