恋のやめどき Vol.3

いつもと違うコードの巻かれ方。彼氏の家で女の影を見た時、アラサー女がとるべき行動

「この恋は、やめるべきでしょうか」

誰だって、きっと考えたことがあるはず。

彼が嘘をついていると気づいたのに、
彼女が浮気していると知っているのに、
一緒にいてつまらないと、お互いにわかっているのに、
それでも見えない、この恋のやめどき。

あなたは、この恋、どう思いますか?

前回はホワイトデーに波乱を迎えた女を紹介した。


涙が枯れるほどの恋をした



ー今週も頑張ったし、祥太郎が帰ってくる前にお風呂に入ろう。

付き合っている祥太郎の家に合鍵を使って入ると、麗奈は真っ先に風呂に向かった。

シャワーを浴びながら、強張った身体がほぐれるのを感じる。

4月にチームリーダーへの昇格が決まり、今まで以上に打ち合わせの数が増え、ここ最近は常に緊張状態が続いていたのだろう。

お風呂を出ると、濡れた長い髪にヘアオイルをつけ、洗面台の棚に置かれたドライヤーに手を伸ばす。そして、ドライヤーを持ち上げた瞬間だった。右手に感じるその違和感に、麗奈は思わず手を止めた。

コードが丁寧に束ねられたドライヤー。

大雑把な麗奈はいつもドライヤー本体にコードを巻きつける。祥太郎はもっとガサツで、そもそもコンセントに挿したまま放置するから、コードなんて纏めるはずがない。

ドキドキと心臓の鼓動が早くなるのを麗奈は感じた。

きっと、祥太郎が気まぐれで束ねただけ。そう思いながら、ふと目の前のゴミ箱に目を落とした。

【恋のやめどき】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo