14日間の恋人 Vol.3

「運命なら、またどこかで会えるはず」。一夜限りの名もなき男が、女に対して取った行動

ひとり旅をするとき、こんな妄想をしたことはないだろうか。

―列車で、飛行機で、もし隣の席にイケメンor美女が座ったら…?

そして、妄想は稀に現実になる。

いくつになっても忘れないでほしい。運命の相手とは、思わぬところで出会ってしまうものなのだと。

傷心旅行に発った及川静香は、素性の知らない男と恋に落ちるが…。出会いから、別れまで、たった14日間の恋の物語。

◆これまでのあらすじ

静香は元カレに別れを告げられ、二人で行く予定だったハワイへひとり旅に出た。

行きの機内で知り合った男に惹かれ、名前も職業も知らないまま、2日目の夜には男女の仲となってしまうが…。


Day3


7時30分、『ザ・リッツ・カールトン ワイキキビーチ』、その一室。

静香は、淹れたばかりのコーヒーを手に、ほとんど身に何もつけていない状態でベッドに腰かけ、ワイキキの朝陽を眺めていた。

初日の夜と違い、2日目の夜は酔わなかった。だから、名前も知らない彼との甘い一夜を鮮明に覚えている。

だが今、この部屋に彼はいない。

30分ほど前に目覚めたとき、すでにベッドの隣から彼は消えていた。何も言わずに帰ったのだ。

虚しさが込みあげてくる。少しばかり“運命”を感じていた自分が恥ずかしかった。

―私、何やってんだろう…。

もしこれが東京での出来事なら、日常に戻ればいいだけのこと。何事もなかったように仕事に臨めばいい。

でもここはハワイだ。非日常は、続く。

静香は立ち上がり、ソファで脱いだリゾートワンピを丁寧にしまった後、玄関脇に放置してあったクラッチバッグを拾い上げた。

内ポケットには小さくたたんだメモが入っている。静香の名前とケータイ番号を記したものだ。

―結局、渡せなかった。…でも、これでいい。だってこれが旅の醍醐味でしょ。それに私はフリーだし、これでいいのよ…。

何度も自分に言い聞かせるが、言い聞かせるたび虚しさは増していく。

もう一度、寝てしまおうか。朝陽の中で二度寝も悪くない、などと考えていると、部屋のドアがチャイムも鳴らずに突然開いた。

「きゃっ」

思わず静香は小さな悲鳴をあげる。

「あー、ごめんごめん。起きてたか」

名前も知らない、あの男がひょっこり帰ってきた。ウェーブのかかった艶やかな黒髪が濡れている。

「お腹、減ってない?」

男は、左手にアサイーボウル、右手にもアサイーボールとこの部屋のカードキーを器用に持っていた。

「朝ごはん、買ってきた」

【14日間の恋人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo