12皿で5000円の圧巻のコースもあり!いま巷で話題のイタリアン4選

独自の進化も志向する、人気レストランの弟分
『AUDACE』

ミシュラン一ツ星の参宮橋『REGALO』の兄弟店が、昨年12月に誕生。

ゆえにパスタ&炭火焼がスペシャリテだが、吉田優斗シェフは「独自の個性を追求する」所存。

吉田シェフが打つ「自家製キタッラ 長崎県産 渡り蟹の軽いトマトソース」¥2,000


繊細な調理技術を駆使しつつ「勢いある料理」を志向する。

大テーブル一卓の店内も大胆だが、これは「お客様同士のコミュニケーションもエンタテインメント」と捉えた結果だ。


「本日の和牛の炭火焼」¥4,000。写真は2人前


食材の魅力をダイレクトに!魚&魚卵の扱いが抜群!
『笠井』

イタリア料理店であることを感じさせない『笠井』という潔い店名が印象的。オープンは昨年12月。

カウンターのみの飾り気ない空間で味わえるのは、オーナーシェフ・笠井 篤さんが吟味した素材の魅力がまっすぐに伝わる料理の数々。

皮目を炙った「対馬産サワラのカルパッチョ」に、自家製キャビア(追加料金¥2,000)を添えて。料理はいずれも、おまかせコース¥9,000(税込)の一例。コースの構成は、アミューズ・前菜3品・パスタ2品・メイン1品・ドルチェ1品が基本


長崎『林鮮魚店』から仕入れる神経締めを施した魚介類や魚卵への思い入れは深く、キャビアやカラスミも自家製だ。

特に後者は、かつてこの場所にあった『CHINESE RESTAURANT わさ』山下昌孝氏さん直伝のレシピで、しっとりとした食感と風味がたまらない。


「アオリイカとカラスミの冷製カペッリーニ」は、フレッシュ感ある柔らかなカラスミに恍惚。

割烹のような看板が目印!


巧みな料理に、胃袋を委ねたい。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo