メディア初潜入!完全SNS投稿NGな「紹介制の店」が西麻布をざわつかせている!

知人のツテを使ってしか入ることができない「紹介制」の店。

それゆえに限られた人しか食事を楽しむことができない、この上ない特別感がある。

許可された者だけで戯れる優越。そんな秘めたる世界を覗いてみよう。

レストラン検索サイトにも店の情報は一切載っておらず、西麻布のエリアにあることしか、ここでは伝えられない。看板なども見当たらず、また完全予約制で通常は扉に鍵がかかっているため、店を訪れた際にはインターフォンで名を名乗ってから入店することとなる


究極の隠れ家ともいえる「紹介制」の世界
『マーディガン』

SNSやマスメディアでは知ることのできない秘密の世界が、東京には存在している。

「会員制」を謳う店もそれに該当するが、さらに上を行くのが「紹介制」を敷いている店だろう。前者であれば、入会金や会費を払えばウェルカム、という場合もあるが「紹介制」はそうはいかない。

あらゆるSNSへの投稿は、すべてNG!


その店をすでに知る誰かに認められた上で連れて行ってもらい、店に紹介してもらう必要があるからだ。

日本料理店で経験を重ねた、料理長の渡邉智之氏。時には、コースの途中で鮨を出すなど、流石の引き出しの多さを感じさせる


そんな、秘密のベールに包まれた「紹介制」の新店が、西麻布にオープンしたという情報をキャッチ。

独自のルートを頼りにたどり着いたその店は……、『マーディガン』という名の、和食をベースにした創作料理店。

「3 ARMS」という照明は、この店のためだけの別注カラーのシェードと、電球に重ねて光を和らげるフィルターが、実にユニーク

個室の照明は「BOCCIONI CHANDELIER」というタイトルの作品。壁に飾られた「魔・艶・眼(マーディガン)」のペインティングを施したスケートボードにも注目を

入店までの障壁の高さとは裏腹に、イタリア人の照明デザイナー、ディエゴ・マーディガン氏の作品がそこここに飾られたその空間は、意外や、気取らず寛げる雰囲気だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo