お洒落な大人が夜な夜な集うと噂の「松陰神社」で、編集部員が実際に飲んでみた!

路面電車が通り、昔ながらの商店街に活気があふれる街、松陰神社前。

最近、芸能人をはじめ、感度の高い人々が集まり、賑わいを見せている。


そこで、東カレ編集部員・岩崎が、実際に「松陰神社」周辺を探検!

大人が夜な夜な集うと噂の話題店に突撃した。



松陰神社前を取材したのは……

世田谷ビギナーの岩崎(写真右)と、“本日の飲み友”に指名された世田谷在住のカメラマン八木(写真左)。

いざ松陰神社前ツアーへ! 朝まで楽しみますよ~!


温かみのある洒落たビストロはまるでパリ!?
『ラ・ゴダーユ』

松陰神社前駅に降り立ち、まず向かったのは、アーケード街・共悦マーケット。

マーケット内に佇む、こちらのビストロは、界隈に住むクリエーター系業界人の出没率も高めと話題だ。

夫婦で訪れたり、女子会を開催するグループ客も多い。


注文したのは「彩りも豊かな野菜のそうざい盛り合わせ」¥1,850。

自然農法・無農薬の野菜のみを使用したひと皿で、前菜として、ほとんどの人が注文する人気メニューだ。

たっぷり盛られた色とりどりの野菜は、マリネされたものもあり、食べ続けても飽きない味付けになっている。野菜不足の大人に最適!


豊富なワインリストに迷いながらも、アルザス地方のリースリングの一杯を注文した岩崎。「前菜の野菜の盛り合わせにぴったりです!」とおかわり。

「松陰神社周辺に在住の高感度な大人が集う印象。雰囲気もよくてワインと料理が進みます」と大満足!


するする飲めるナチュールワインも充実のラインナップ。グラスワインは¥950~、ボトルは¥5,500~。


旬の牡蠣と懐の深い店主が待つほっと癒やされる味わいのある酒場
『マルショウ アリク』

続いてやってきたのも、共悦マーケット内のお店。

アーケードの入口付近にあり、店先に掲げられた“牡蛎は飲み物”の文字からもわかる通り、食べごろの牡蠣が常時オンメニュー。

常連客で賑わう店内には、店主との会話を楽しむために、わざわざやってきたという人の姿も! 地元の人々に愛される店だ。


「牡蠣の3種食べ比べ」¥1,500~は、時期によって食べごろの牡蠣を厳選。この日は北海道・厚岸、岩手・広田、兵庫・室津産がラインナップ。

「大好物の牡蠣が産地別で食べ比べできるなんて贅沢!これで肝臓のケアもばっちりです!」


牡蠣のほかに旬魚の刺身や、店主の真心を感じる、素朴で温かい味噌汁をいただきながら、ひと休みする岩崎。

「校了明けの疲れた心と体に沁みます」と、ほっこり癒されていた。

店内には巨大な牡蠣のオブジェもあり、フォトジェニック! 訪れた記念に撮影するのもあり。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo