最後のうにいくら丼がたまらない!〆に絶品の炭水化物メニューがある店8選


おつまみで酒を飲んだ後、その日の最後に味わう“〆の料理”は、やっぱり強烈な記憶を残す!

今回はつまみ系メニューはもちろん、〆の一品までも絶品な名店を一挙に紹介。

食べずには帰れない極上の品ばかりだ。

店主・高橋さんの地元である栃木県益子町の人々と作り上げた店内は温もりあふれ、ほっと寛げる空間

斬新な組み合わせながら食べた人全てを虜にする
極上おにぎり『一饗』

中目黒駅から7分ほど歩くと駒沢通り沿いに佇む『一饗』に辿り着く。

階段を下って半地下にある扉を開けると、あたたかい雰囲気が広がる。

木の温もりあふれる店内は、訪れた人に郷愁を抱かせ、あっという間に『一饗』の世界へと誘い込む。

席に付くと目に入るのは、手書きの献立表。最初に書かれるのは日付。

そう、『一饗』では、その日の仕入れ状況に合わせて毎日違う料理を提供しているのだ。これが常連客の心を惹きつけて放さない魅力のひとつ。

「生ハムおにぎり」

『一饗』を語る上で欠かせないのが〆に人気の「生ハムおにぎり」。

大ぶりなおにぎりをパルマ産の生ハムで包むという斬新な一品で、これが食べたかったんだと訪れる人も多いという。

絶妙な握り加減で仕上げられる

オープン当初は「天ぷら」を具としたおにぎりなども提供していたが、〆に出すには提供に時間がかかることから、鰻を入れるという方法にシフト。これが大成功だったという。

握り加減も絶妙。生ハムで巻かれているにも関わらず、白米の食感はしっかり残り、ふっくらと柔らかな食感と、美味しさが口の中に一気に流れ込んでくる!

大将の想いの詰まった「生ハムおにぎり」は、ぜひ『一饗』の締めくくりにオーダーして欲しい逸品である。

味だけでなく価格も魅力の「うに・いくら丼」(¥1,600)

輝くいくらと濃厚うに!本当は頼んでほしくない程お得な絶品丼『青』

今宵は美味しい料理を食べながら、ゆったり大人の夜を過ごしたい。そんな気持ちを受け入れてくれるのが代々木上原『青』。

そんな同店の名物は、絶品「うに・いくら丼」だ。

丼いっぱいに敷き詰められたうには、北海道や北方四島から届けられたもの。その上から、醤油と酒に漬け込んだいくらが、贅沢に盛りつけられる。

しっかりとした味わいのいくらに、うにの甘みが引き立ち、あわせて用意されたわさび醤油が、一層の深みを与えてくれる。

うにの下に敷かれたキュウリがさっぱりとしたアクセントとなり、食べ進めるほどに幸福を感じられる、魅惑の一品だ。

贅沢にうにといくらだけでつまみにするのもいいだろう

うにといくらをつまんで、また日本酒が進んでしまう。

こんなに豪華な丼がたったの1,600円というのも驚き。大将も「本当はあまり頼んでほしくないんだよ」と笑う。儲け度外視の贅沢丼なのだ。

この丼のためだけでも出向く価値はあるが、もちろん『青』の魅力はそれだけではない。

通うほどに魅了される、豊富な料理の数々。大将の豊かな感性が創りあげる逸品を前に、一杯、また一杯と杯を重ねながら、静かに夜が更けていく。

気さくな大将との会話も弾むカウンター席の他、奥にはテーブル席も備える

午前1時までと、遅い時間まで営業しているのも魅力のひとつ。

1軒目として、たっぷりと料理を味わうのもいいし、2軒目として訪れ、じっくり杯を傾けるのもいいだろう。

多彩な料理と銘酒に囲まれながら、絶品の「うに・いくら丼」で締めくくる夜を過ごしにいこう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo