U-29女子の婚活サバイバル Vol.13

「100万のエンゲージリングが欲しいのに…」婚活女子が、結婚向きな男を手放したワケ

20代で“本気の婚活”をする女性の実態を、あなたは知っているだろうか?

彼女たちの中には「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で婚活をする人などいない。

平均初婚年齢が30歳近い昨今でも、20代のうちに“特別なひとり”を見つけようと、婚活というサバイバルに果敢に挑んでいるのだ。

前回は婚活三ヶ年計画を立てていた、元婚活女子を紹介した。今週は?


【今週の婚活女子】

名前:カオル(仮名)
年齢:27歳
職業:広告代理店
婚活歴:1年未満


適齢期のカップルならば、避けられない“結婚”の話題。中でも「彼女に結婚を迫られているのがプレッシャーで…」と語る男性は多い。

男性側が結婚を決断できず、彼女が愛想を尽かすというのもよく聞く話だが…今回登場するカオルさんは、全く逆の立場で4年付き合った彼氏と別れを決めたようだ。

婚活女子なのに、結婚願望の強い男性と別れてしまった理由を聞いてみよう。


カオルさん:恋愛と結婚の違いってなんなんでしょうね…私、25歳になる直前に4年付き合ってた彼氏と別れたんです。結婚観の違いが原因で。

当時の彼は「早く結婚したい!」と考えているタイプの男性だったんですよね。会う度にその話題を出してくるから、嫌いになるほどでした。


東カレ編集部:女性が結婚を急かす話はよくありますが、男性側から結婚を迫られるのは珍しいですね?


カオルさん:そうですよね…実は彼、田舎育ちで本家の長男だったんです。一方の私は東京育ち・中高大私立の1人娘。そもそもの結婚に対する価値観が違いました。

彼は大学デビューで上京してきて、東京で就職したものの田舎に帰るのは大前提で。


東カレ編集部:なるほど…お付き合いをスタートさせた当時は、結婚のことまでは考えていなかったんですか?


カオルさん:出会いは大学時代のゼミだったんです。彼がひとつ年上の先輩で。だから付き合った当初はそこまで将来を見据えていなかったんです。

彼が就職して、落ち着いた辺りから豹変したように「結婚!結婚!!」と言うようになって…結婚ノイローゼになってしまいました。

【U-29女子の婚活サバイバル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo