寒~い日は熱々の石焼きグルメが食べたい!体の芯から温まるグルメ5選

「コンビ石焼A」

高級肉割烹のコスパ抜群肉ランチ 『たくあん・牡丹亭』

夜は絶品すき焼きやステーキなどを提供する高級肉割烹『たくあん・牡丹亭』のランチがスゴイのだ!肉の名店のランチメニューのイチ押しを紹介しよう。

まず紹介したいのは「コンビ石焼A」だ。手ごねハンバーグ200gと、サービスステーキ100gがどーんと石焼きにのって、焼き音を立てながら運ばれてくる。

その音と見た目だけでも、お腹いっぱいになりそうなほどの迫力は一度味わったら忘れられない。

手ごねハンバーグには、自家製のデミグラスソースがたっぷりかかり、ごはんがどんどん進んでしまう。

「目玉焼き」はトッピングで追加可能

「コンビ石焼き」などのコンビネーションランチは、追加肉をすることが可能である。

「サービスステーキ100g」、「霜降り牛サーロイン100g」、「手ごねハンバーグ100g」、「和牛ハンバーグ100g」、「秘伝のミニカレー」など種類も豊富だ。

この日は「目玉焼き」をチョイス。 ハンバーグとステーキの上に、目玉焼きがのる最高のビジュアルは女将もおすすめのコンビネーションだ。

「和牛100%ハンバーグ石焼きステーキランチ」

わさび醤油で味わう「和牛100%ハンバーグ石焼きステーキランチ」もおすすめだ。

牛肉のみで作られる肉の旨みたっぷりのハンバーグは、まずはそのまま何も付けずに味わって欲しい。

ギュッと詰まった肉の美味しさを噛む度に味わうことができるだろう。

掘りごたつ式の個室も備え、接待などにも便利

外観

普段使いできるカジュアル空間でA5ランクの極上肉に舌鼓『焼肉 ホルモン 青一』

「上質の焼肉をカジュアルに楽しめ、使い勝手のよい店」をコンセプトに、食通が集まる南青山で着実にリピーターを増やしている。

店内はコンクリートが剥き出しの壁の中にウッディなテーブルが配され、焼肉店とは思えないスタイリッシュな空間。

しかし扱う精肉はA5ランクの黒毛和牛のメスのみと本格派。それが一皿1,000~1,500円前後と良心価格で味わえる。

華々しいキャリアを持つ荒氏。精肉は産地を限定せず、その時最良のモノを確かな目利きで吟味している

肉の目利きからメニュー開発までを担うのが、料理長の荒孝一郎氏。

都内の某有名ホルモン店出身で、その後渡米し、ニューヨークナンバー1の呼び声が高い『TAKASHI』などで5年間料理長として腕を振るってきた。

「石焼きオーケストラ」

その荒氏が考案した新メニュー「石焼きオーケストラ」に注目!

ニンニクの香ばしさやバターのコク、シャリアピンソースの清涼感などが重なり合い、赤身の旨味を引き立てる。ガーリックご飯に、旨味が強い赤身のウデ三角をのせ、バターとパルミジャーノ・レッジャーノ、さらにシャリアピンソースをかけて味わうNY仕込みの逆輸入ビビンバ、ぜひ味わってほしい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo