未来Diary Vol.2

未来Diary~芙美子ver.~:39歳、仕事に邁進して男ナシの人生を選択した女の本音

「“なんで俺がイヤって言っていることに関して、お前の気持ちを理解しようとしなきゃいけないの?”って……」

優愛の夫は、院卒で外資証券会社に勤めるエリートサラリーマンだったはずだ。結婚して退社したとき、同僚の女性たちは優愛のことを「勝ち組」とやっかみ半分で噂していた。

「その違和感に蓋をして結婚したんです。……でもやっぱりうまくいかなくて。結婚したあと、私たち夫婦には子供ができなかったんです」

優愛は投げやりな口調で続けた。

「検診では、お互いに何の問題もない、と言われてたんですけど、夫は日々私を責めるようになりました。女なのに仕事をし過ぎたせいだ、とか、実は過去に何か病気したんじゃないか、とか……」

「そんなこと言われたの……?」

芙美子は怒りを抑えきれず小さく肩を震わせると、優愛は後悔した様子でこう言った。

「私、あのとき、30歳手前で魔法にかかったように焦っていたんです。早く人生を決めなきゃって…。だから正直、いまでも思います。あのとき結婚しないで、マネージャーになっていたらって」

未来日記を読んで、当時優愛がどれほど悩んでいたか、芙美子には痛々しいほどわかっていたし、自分もその悩みに共感していた。

…ただ一つ違うのは、自分はカード“B”の未来に背中を押されたが、優愛にとってのカード“A”は、プレッシャーに拍車をかけたものだったということだろうか。

日記に書かれていた迷いに共感はしたものの、芙美子には“タラレバ”がない。

NY本社での経験は刺激的なものだったし、日本に帰ってきてからも順調にキャリアを重ねた。NYと比較すれば単調な日々ではあったが、イベントが成功したとき、売上が倍増して表彰されたとき、PRのプロフェッショナルとして徐々に名が知れて業界のセミナーに登壇したとき。


そうやって、ささやかながらも自分が何かに貢献していると感じられたとき、芙美子は少しずつでも確かな手ごたえを掴んでいたのだった。

世間的に女としての幸せは掴んでいないかもしれないが、自分としては納得の40年だ。

だが優愛は違うようであった。違和感に蓋をして、人並みの人生を歩んでいこうとした自分を責めているのだろう。

しかし未来日記で優愛がAを選んだのは、偶然ではなく必然にも思えた。芙美子に残されたカードが“B”だったことも。

優愛はもっとキャリアも積めたはずだが、芙美子とは違い、ビジネスの世界で生きるには人の気持ちを考え過ぎる傾向がある。

だから芙美子も、優愛が会社を辞めると聞いたとき、そこまで引き留めはしなかったのではないだろうか。家庭を中心とした人生、という彼女の判断にそこまで違和感を抱かなかったのだ。

だがそんなことをいくら考えても、もう無駄である。


そして、芙美子は1冊のまっさらなノートを出した。

「私ね、今日実は、優愛ちゃんともう1回、未来日記を書いてみようと思ったの」

優愛があの時、もう少し自分の気持ちと向き合っていたら。
芙美子があの時、もう少し優愛に踏み込んでいたら。
いまとは、違う未来があったのだろうか……?

「いまなら分かるよね、自分が本当はどうしたいのか。だからここから私たちの、本当の未来日記を書いてみない?」

そこまで言ったとき、優愛はようやく笑顔になった。芙美子40歳、優愛35歳になる直前のことである。

平日昼過ぎのカフェは幸い、人がまばらだった。一番端のテラス席で、いい年をして泣きっ面をしている大人の女が二人、ようやく笑顔になった。


▶Next:9月24日火曜更新予定
そして、5年後の2人。2人が二度目の未来日記に託した思いとは?

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
関係ないけど前回からもう1週間経っていることに愕然とした…
2019/09/20 05:1099+返信2件
No Name
こういう、テンポが良くて展開早いおはなし面白い!次ぎどうなっているか 楽しみ。
2019/09/20 05:5176
No Name
ぼーっと読んでいたから一気に5年後になってて驚いた!
2019/09/20 05:3359返信1件
No Name
週に二回連載があるのも面白いですね
2019/09/20 06:0427返信1件
No Name
次の五年後には二人とも幸せになってましたって展開なら良いのにね
2019/09/20 06:1827
もっと見る ( 32 件 )

【未来Diary】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo