マヨとソースが旨いんだ!マヨラーに捧ぐ悪魔のマヨメニュー3選

脳が「だめだ」と言っているのに、手に持つ箸は止まらない。

大人の理性を簡単に失わせてしまうマヨネーズは〝ピュアな顔してズルイ奴〞。

そんなマヨネーズ無しでは成り立たない、誰もが大好きなひと皿を集めた。


上品なのにクセになる自家製マヨネーズ。濃厚ソースとの相性に悶絶
『お好み焼き いまり』の「昔ながらの大阪モダン焼き」

鉄板の上でジュワッと焦げるのは、関西特有の濃厚な特製ソース。

それだけでもたまらないビジュアルだが、追い打ちをかけるのが、一筋のマヨネーズだ。

格子やマーブル模様など、店によってその仕上げ方は異なるが、『お好み焼き いまり』の「昔ながらの大阪モダン焼き」¥1,080は、一本気なストレート。


レモン果汁の入った自家製マヨネーズが、特製のソースにも負けない存在感を際立たせている。

お好み焼き自体も軽やかさをキープするため、できる限り生地を少なくし、キャベツの食感を生かしている。

女性も容易に完食してしまうとか。

焼きあがるのに約15分。

レトロな店内で、待つ時間もまた楽しい。


マヨネーズにまみれたプリップリの海老を口いっぱいに頬張る幸福感
『希須林』の「大海老のマヨネーズソース」

青山の中華の名店、『希須林』にも悪魔的魅惑のひと皿がある。

開店当初からの看板メニュー、「大海老のマヨネーズソース」¥1,380(税抜)だ。

卵黄を少なめにし、酸味を立たせたソースは、見た目からは想像できないほどアッサリ。

大人の女性でにぎわう同店で、「黒酢ゲンコツ酢豚」「担々麺」と並ぶ人気メニューというのもうなずける。


ぷりぷりの海老の身の中心を貫くのは、なんと歯応えのあるアスパラガス。これで海老の身が縮むのを防ぐのだ。

マヨネーズに同量の鶏ガラスープを加え、味に奥行きを出している。揚げた海老を手際よく絡めるのがマヨネーズを分離させないコツ。

なめらかなソースの下で、サクサクの衣も加われば3つの異なる食感が楽しめる。

皿に残ったソースをきれいに絡めとりたい。そんな衝動と戦う覚悟をもって、臨みたい。

店内は昼夜、女性客でにぎわう。

ディナー限定のアラカルトメニュー「エビマヨ」は、クセになる爽やかな酸味が夏の暑さを吹き飛ばす。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo