7コ下の恋人 Vol.2

7歳下の男に誘われた、33歳の女。恋人に裏切られた傷心女に近づく、年下男の真意とは

「良かったー。じゃあ、また連絡しますね。良かったらLINEとか教えてもらっても良いですか?」

こうして、気がつけば連絡先を交換し、その後本当に彼から改めて食事の誘いが来た。

でも、一体どういうつもりだろう?彼とは30分程度しか話をしていないのだ。

年齢はどう見たって20代半ば。ということは、私よりも5歳以上は若いだろう。ビジネスの話がしたいのか、なんとなく誘ってみたのか、それとも…。

ーもしかして、怪しい保険の勧誘とか?もしくは妙なセミナーに連れて行かれる…?

智也の件で男性不信になっていたせいかそんな邪推をしながらも、ほんの少しだけ楽しみにしてしまっている自分もいる。

私はパタンとMacBook Proを閉じると、駆け足に待ち合わせの店へと向かうのだった。


「あ、山口さん!」

店に到着すると、すでに席に座っていた西村晴人は、私を見つけるなり椅子から立ち上がって手を振った。

ーふふ…。なんか、子犬みたい。

嬉しそうな笑顔を浮かべる彼の顔を見て、緊張していた心が解けた。

ーイヤ、ダメダメ。気を引き締めないと。こうやって隙を見せた途端、怪しい勧誘をされてしまうかも…。

そんな私の警戒心など全く気がついていないのか、彼は「今日は暑いですね、8月が来るのが怖くなりますね」とか「何頼みましょうか?あ、何時までに会社に戻られますか?」など、一人で忙しそうに話をしている。

平日だと言うのに、彼の格好は黒いチノパンにグレーのTシャツと、非常にカジュアルだ。

「今日は、仕事?」

「あ、そうです。僕のところは、服装指定はしていないので…」

彼の「していない」という答え方が気になった。彼が服装を決める立場と言うこと…?

「もしかして西村くんって、会社のCEOとか…?」

「そうです、あれ、言っていませんでしたっけ?」

確か彼の名刺には役職までは書かれていなかったが、まさかCEOだったとは。

ーあぁ、そういうことね。だから私と繋がっておきたかったんだ…。

私の中でやっと合点がいった。彼はベンチャー企業を経営していて、ベンチャーキャピタルに勤める私とネットワークを持つことを望んでいたのだろう。もしかすると資金調達についてのアドバイスや、誰かを紹介して欲しいのかも知れない。

ーなーんだ。

無意識にそんな言葉が浮かんでしまい、苦笑いした。私はやはりどこかで、彼からの誘いに期待をしていたのだろう。

「で、今日あなたが誘ったのは?何か相談したいことでもあるの?」

こうなったら相手の要求を聞いてさっさと終わらせよう、と単刀直入に質問する。だが、彼は「え?」と驚いた顔を見せた。

「いえ、特に相談とかではなく…。ただ、何となくもうちょっと山口さんと話してみたかったんです。すみません、こんな理由じゃダメですか?」

西村晴人は口では不安げなことを言いながらも、目線をまっすぐこちらに向ける。あまりにじっと見つめるので、私の方が目を逸らしてしまった。

「いや、別にダメとかじゃなくて…。私よりもだいぶ若くて共通点もなさそうなのに、どうしてかな、と思って…」

「若いですか?もう26ですし、そんなに変わらないですよね?それに僕は、年齢とか気にしないので…」

ー26歳…?私よりも7つも下…。

わかってはいたものの、その年の差になんだか急に引け目を感じてしまう。それに、気にするしないの問題ではない。何が目的なのか、それが気になって仕方なかった。

「えっと、そうじゃなくてね」

「あ。次、何か飲まれますか?僕は…」

核心に触れたかったのに、なんとなく流されてしまった。

本当にただ私と話したかっただけなのだろうか?それとも何か裏があるのだろうか?そんな不安にかられながらも、気がつけば彼のペースに飲まれていってしまう。

ただ意外な事に、想像以上に彼との時間は楽しかった。年齢差があるから話が合わないという予感は外れ、オススメのビジネス書や雑誌、趣味の旅行などで盛り上がったのだ。

そして会社に戻るなり、先ほど別れたばかりの晴人からLINEが届く。

『今日は本当に楽しかったです。またお誘いしても良いですか?』

この7年、ずっと智也と付き合っていた私にとって、久しぶりの新鮮なLINEに思わず嬉しくなる。

まだ智也と完全に別れたわけではない手前、少しだけ罪悪感もあったが、食事だけならと思い「是非」とだけ返した。

そこから、晴人とは定期的にLINEをしている。

彼は相手に返事を求めることもなく、かと言って長々と自分の出来事を送るようなタイプでもない。気心の知れた友人と顔を合わせてたわいもない話をするような、そんな感覚。その温度感がちょうど良かった。

こんな感じで、誘われるままに3回程ランチをした帰り道。急に晴人が改まった顔をして聞いてきた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
晴人がんばれー
もし戸越銀座に住んでたら、すぐ引っ越せ!
2019/08/04 05:2599+返信16件
No Name
怪しいセミナーに誘われるw
分かるw警戒するw
2019/08/04 05:2499+
No Name
ルブタン女に制裁まだ〜?
2019/08/04 05:2999+返信7件
No Name
「年齢とか気にしないので」って言ってた友人が、8歳歳上の奥さんが50歳になった時に離婚して、一回り年下の若い娘と再婚してた!ビックリした笑
2019/08/04 06:0374返信2件
No Name
2ヶ月無視してて、智也からの連絡もなくなってたのに、まだ「婚約者」なんだー
2019/08/04 07:4274返信6件
もっと見る ( 105 件 )

【7コ下の恋人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo