スーパーカーの助手席に乗る女 Vol.2

「“超”高級車に乗る男は、必ず私の隣にやってくる」27歳・普通の女が、お金持ちを捕獲する方法

「でもその陽菜ちゃんと人形遊びをしている時は、決まって陽菜ちゃんがお姫様。私たちはその取り巻き、時には召使いだったり…。今思うと子供って残酷ですよね。一緒に遊びに行っていた友達は気にしていなかったけれど、私はどうしてもお姫様役をやりたかった。そしたら陽菜ちゃんに“貧乏人はお姫様にはなれない”と言われて悔しくて…」

彼女は口を一文字に結び、手元の紅茶に視線を落としたが、すぐに顔をあげて笑顔に戻った。

「確かに、私は普通のサラリーマン家庭で育ったし、小さいころから勉強も苦手だった。そんな私がお姫様…お金持ちになる一番簡単な方法は、そういう人と結婚する。それしか道はないと思ったんです」

大学はなんとか中堅どころに入り、夢のキャンパスライフを期待していたが、普通に毎日を過ごしていてもドラマのように降って沸いたような劇的な出会いはなかった。

就職できそうな職種の中で「お金持ちと触れ合えるサービス業」と短絡的に選んだ百貨店では、単純に相手はお客様でそれ以上にはならない。

「お食事会でも、相手の年収を探るまでには時間がかかって効率が悪いじゃないですか。でも“車”なら分かりやすいでしょ?時計や着ている服の品定めをする必要もないし、車を手に入れ維持する財力があるという事が一瞬で分かるって思ったんです。

でも見た目は派手で値段が高そうに見える車に乗ってるからといって、お金持ちと思ったら大間違い。安いものだと国産の新車の方がずっと高いものだってありますから」

社会人になってすぐ付き合った彼は、フロントグリルには誰もが知っている有名外車のエンブレムがついている車のオープン2シーターに乗っていたという。

新車価格は1,000万と聞きその時は「凄い!」と思って得意気に助手席に乗っていたが、郊外の中古車センターに彼と同じ車が200万くらいで売られているのを見つけ、ショックを受けたという彼女。

「それに気付いてから、私は高級車と一括りされる車とその現在価格について勉強しました。もうそんな勘違いをしたくなかったんです」


「当時はスーパーカーと言われる車の名前も全く分からなかったのですが、今は車のブランドだけでなく、その種類と現在の価格までおおよそ分かるようになりました」

そう話す彼女の表情は得意気である。男性でさえフロントマスクだけではパッと見分ける事が難しいポルシェでも、彼女は車種とおおよその年式、更に現在の相場まで当てる事ができるらしい。確かに凄い…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
友達を貧乏人なんて呼ぶ子供は、いくら親がお金持ちでも品がなくて嫌ですね、、、。
2019/08/27 05:1299+返信7件
No Name
ほんと短絡的。自ら言ってるように頭悪いんだなー。
いくら高級車持って派手な生活してたって、家族の使うお金にめちゃくちゃケチだったら意味ないでしょうに。
しかも、高級車というお金のかかる趣味を持ってるんだから、その可能性は高いわけで。
2019/08/27 05:3898返信7件
No Name
関係ないけどガルウイングとかシザードアとか、屋内の駐車エリアならまだしも、人前で乗り降りするの罰ゲーム並みに恥ずかしいんだけど、言えない(笑)
2019/08/27 06:0756返信6件
エンジニア女子
亜沙美に否定的なコメント多いが、斬新な戦略に感心してしまったよ!
脇が甘いのと、ディーラー並みの知識を得るための勉強に使ったエネルギーを別の方向に使えば…というのが残念だが。

にしても、いつもの使い回し目隠し写真はいらないから、車の写真見せてくれ。
2019/08/27 07:3238返信5件
No Name
彼(未来の夫)の職業が何でもいいなんて危なすぎ。
一発屋だったら路頭に迷うだけじゃない??
2019/08/27 07:4530返信4件
もっと見る ( 79 件 )

【スーパーカーの助手席に乗る女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo