35歳からの美容 Vol.4

「35歳過ぎても、透明感は取り戻せる!」元化粧品会社勤務のPR美女が行う、リアル美容法3選

35歳を境に、女の体質はがらりと変わると言う。

肌が乾燥する・髪にハリがなくなる・痩せにくくなる…。

しかし東京にいるOVER35歳の女性たちは、そんな悩みを一切感じさせない。それどころか、年齢を重ねるごとに美しさは増していくようだ。

そんな彼女たちの、リアルな「35歳からの美容」に迫る―。


File:4 軽井沢在住のPR美女


名前:安本由佳(やすもとゆか)さん(@yuka__yasumoto
職業:フリーランスPR・ライター
年齢:37歳
居住地:軽井沢

目次


1.透明感アップのスキンケア
― 普段のスキンケア
―プロの手によるスキンケア
―艶感アップの下地&ファンデ

2.清潔感アップの方法
―パサつき髪からの脱却法
― 清潔感UPのホワイトニング

3.35歳からの“ルーチン”美容
―無理しない体型維持
―甘酒とサプリで栄養補給
―内面からの胸キュン美容


透明感ある白肌と、清楚で女性らしい雰囲気が印象的な由佳さんは、37歳。現在は東京と軽井沢を行き来し、フリーランスのPR・ライターとして活躍中だ。


「昔からいろいろとコンプレックスはあって、“綺麗になりたい”という願望が強いんです。だから中学生くらいのときからずっと、どうすれば綺麗になれるか研究しています(笑)」

いまの洗練された姿からは考えられないが、自身のコンプレックスから美容に目覚め、20代の頃は化粧品会社で働いていたことも。勤めていた当時は、若い女性ならではの感性を活かし、商品のアイディアなども提案していた。

その後、結婚を機にフリーランスとして独立。

現在は表参道にある会員制のパティスリー『ララ ファティマ』、軽井沢のホテルやカフェ、別荘地などのPRをしている。


「独立してからやってきた事業が全て女性向けだったので、これまで多くの女性を見てきました。だからどういうことをしている人が綺麗なのか、というのは肌感覚でわかるかも」

化粧品会社勤務で培った知識と、多くの女性を見て養われた審美眼。そうした経験をもとに、若い頃からさまざまな美容法を試していたようだが、35歳を過ぎてから一気にいろんな悩みが出てきたのだとか。

「一般的に“お肌の曲がり角”なんて言われる25歳や、30歳を過ぎても平気だったのに、35歳を過ぎてから一気にいろんなことが気になりだしました。特に肌のくすみや髪のぱさつき、歯の黄ばみなどによって”清潔感”が失われてきた気がして…。これはまずい…!と思いました」

しかしそこは研究熱心な由佳さん。数々のトライ&エラーを繰り返し克服していったそう。

まず聞いたのは肌のくすみ。スキンケアを一新し、肌の透明感がアップしたという方法について聞いてみた。

【35歳からの美容】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo