ニコタマダムも注目してる!?今、最も話題のイタリアンは二子玉川にあり!

セレブなマダムが優雅に楽しむ街というイメージが色濃い二子玉川。

だがしかし、最近東京でも感度の高い大人たちが二子玉川に流れているという噂をキャッチ!

その理由は、日本中の美食家を唸らせていた奈良のイタリアンが東京に移転してきたからだとか。その真相とはいかに?


イタリアで認められたシェフによる本場の味が美味しすぎる!
『リストランテ イ・ルンガ』

北海道の人気店『リストランテ薫』のシェフがオープンした広尾『長谷川 稔』。神戸から神楽坂に移転した和食店『紀茂登』。

今、地方で活躍していた料理人の東京進出が著しいが、またひとつ、“奈良にこの店あり”と謳われる名店が東京へと移転を果たした。「リストランテ・イ・ルンガ」――。

鬼才、堀江純一郎シェフが繰り出すイタリア料理を求めて、奈良・東大寺門前にあった古民家レストランまで、幾度となく足を運んだグルマンもきっと多かったことだろう。その堀江シェフが、9年ぶりに東京に帰ってきた!

二子玉川に店を構えたとの噂は、耳聡い食通らの間で瞬く間に広がった。

今を去ること23年前。当時としては珍しく日本での修業経験を持たずに、イタリアへと渡った堀江シェフ。トスカーナ州とピエモンテ州で、9年に亘り研鑽を積み、そのうち3年はシェフとして店を任されるまでに。

そして、日本人で初めて現地のイタリアンレストランでミシュランの一つ星を取った実力の持ち主だ。

前菜の「金目鯛のカルパッチョ スカンピとメジナの白子添え」。金目鯛は皮目だけをさっと湯引きし、カラスミをふりかけている。半生のスカンピのねっとり感と白子の濃密さがよく合う(¥13,000のコースから)


「奈良では、いろいろと貴重な経験をさせて頂きました。イタリアから帰国して間もないせいもあって、2007年に西麻布で『ラ・グラディスカ』を始めた頃は、現地色の強い料理ばかり作っていました。

それが、奈良に行き、良くも悪くも観光地という場所でさまざまなお客さまに対応することになり、振り幅が大きくなったと思います」と謙虚に語る堀江シェフ。

それはまた、日本に根ざしたイタリア料理へと少しずつ変貌を遂げた証なのかもしれない。

「羆のタリアータ」(+¥1,200)はメイン。羆は、北海道エレゾ社のもの。丁寧に下処理された羆に臭みは全くない。写真は4歳メスの内ももをミディアムレアに焼きあげている。しっかりと噛みしめるほどに野生ならではの滋味が滲みでる(¥13,000のコースから)


まざまなお客さまに対応することになり、振り幅が大きくなったと思います」と謙虚に語る堀江シェフ。それはまた、日本に根ざしたイタリア料理へと少しずつ変貌を遂げた証なのかもしれない。

優れた日本食材、そしてそれを作りあげる全国の生産者たちとの出会いが、堀江シェフの感性を刺激したことは想像に難くない。

まず土地をよく知ることからイタリア料理を学び、地産地消を旨とするそのスタンスを知り尽くした堀江シェフであればなおさらだろう。

イタリアの根っこの部分にしっかりと軸足を置いた料理の骨太さは、今も少しも変わらない。

「鮑の肝のリゾット 焼きうにと焼き白子添え」は、¥20,000~の特別コースの一品。「ワインは、ブレッサンの白とかがおすすめですね」とは堀江シェフ。窓ガラスに木を配したカジュアルシックな店内は、コンパクトで落ち着ける雰囲気だ


例えば「鮑の肝のリゾット 焼きうに焼き白子添え」。

イタリア産カルナローリ米をブロードとバターで仕上げるリゾットのセオリーはそのままに、うにをトッピング。北海道産のうにならではの繊細でいて濃い甘みを加わることで、深みのある味の広がりを楽しませてくれる。

とはいえ、うにを生のまま載せるのではなく、火を入れて甘みを凝縮させるひと手間はいかにも堀江シェフらしい。

「和の素材を使ったからといって、日本的な料理にはなりません。“堀江”というフィルターを通した時、それがイタリア料理となって仕上がる。オリジナルとはそうして生まれてくるものではないでしょうか」

守破離の精神がそこにある。

盛り付けも豪快な「サフランのタリアッテレ オッソブーコ風」。サフランを打ち込んだ幅広のパスタに牛テールの赤ワイン煮込みを添えたピアットウニコ的一皿(¥13,000のコースから)。

コースの掉尾を飾るデザートは、本場そのままの“ パンナコッタ”。生クリームと牛乳だけで、湯煎にかけて作るそれは、よくあるババロワ風のパンナコッタに比べ濃密。ブリュレに似たねっとりとした舌ざわりが官能的だ。

月刊誌最新号は「今、まさに話題な店」がテーマ!

東京を賢く生き抜く人々にとって、話題のレストランを知っておくのは当然のこと。だが、様々なメディアに溢れる情報から「本当に良い店」を見つけるのは実は難しい。

そこで、東京カレンダー最新号は「今、まさに話題な店」を大特集!権威的なメディアの評価ではなく、巷の人々がリアルに話題にしている店ばかりをピックアップした。

美味しいものは好き。でも、レストランおたくにはなりたくない…。そんな貴方に贈ります。

月刊誌のお求めは、お近くの書店、コンビニで。
ネットなら、以下から今すぐにご購入いただけます!

【ネットでのお求めは、amazonもしくはfujisanで!】
・ダイナミックな写真を臨場感たっぷりに楽しみたいなら、やっぱり紙の雑誌が一番おすすめ!
・スマホでいつでもお手軽に見たい方は、デジタル版も便利です!(fujisanもしくはKindleにて販売)
・コスパと利便性が抜群!大人街道を一気に突き進みたい方は、ぜひお得な定期購読を!

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は4/20(土)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo