最高峰の和牛をプロの焼きで堪能! 西麻布にできた1日4組のみの究極の焼肉店が話題沸騰中!

  • ワインカーヴを思わせるアプローチから入店する動線にも、会員のみしか知り得ない驚きの仕掛けが。遊び心のあるサプライズと最上級のサービスで、食事をする前から高揚感に包まれる

  • 予約には会員のみに知らされるIDとパスワードが必須。会員になる条件は、会員からの紹介のみ。この希少さが、行きたい気持ちを駆り立たせる

  • 住宅街の一角。密やかな入口から地下へと下りると、重厚感のある木の扉が登場。牛の形をしたドアノッカーで扉をノックすると、スタッフが招き入れてくれる

  • 本革のソファを備えた写真の個室は4名まで利用可。完全個室制で、プライバシーも安全

  • 各部屋の壁には大理石と木材を用い、高級感と居心地の良さを演出

  • 但馬玄は、融点が12度と低くまぐろのような口当たりが命名の由来。手前のカルビは口の中でフワっと溶けて旨みが広がる。“赤身の最高峰”とされる写真奥の都萬牛のハラミは、ミネラル感と旨みが際立つ。 料理は肉マイスターの田辺晋太郎氏がプロデュース

  • 西麻布の通り沿いにある、この隠れた看板が目印となる

  • 鉄板は厚みがあるため、厚切り牛タンなど、ゆっくり火を入れたいものをじっくりと焼き上げることができる。専任の焼き手による熟練されたテクニックと相まり、一番美味しい状態の肉を味わえる

  • 部位やカットによって、ふたつの特注の鉄板を使い分け。ロースターはカルビなど薄いものを直火で短時間で焼く用に

  • 「二色のユッケ」は但馬玄のイチボを、キャビアと雲丹、トリュフでいただく贅沢な逸品

  • 透かし紙に書かれたイラストは、メニューと重ねるとその意味がわかる仕掛けが楽しい

もどる
すすむ

1/13

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo