最高峰の和牛をプロの焼きで堪能! 西麻布にできた1日4組のみの究極の焼肉店が話題沸騰中!

但馬玄は、融点が12度と低くまぐろのような口当たりが命名の由来。手前のカルビは口の中でフワっと溶けて旨みが広がる。“赤身の最高峰”とされる写真奥の都萬牛のハラミは、ミネラル感と旨みが際立つ。 料理は肉マイスターの田辺晋太郎氏がプロデュース


味付けはこだわりのタレで。お肉の味がしっかりしているからこそ、タレに負けず、むしろその旨さが引き立つのだ。

こちらはぜひ、白いご飯とともに味わって欲しい。

また、コースに合わせたワインペアリングや、ボトルでも楽しみたい人のために、コンクールで日本一に輝いたソムリエが提案する数々のグランヴァンも用意。

西麻布の通り沿いにある、この隠れた看板が目印となる

妥協なき食材に職人の技、VIP気分を味わえる空間とサービス。そのすべては正に〝X(TEN)=天=最上〞。

店の外にひっそりと浮かぶこの看板の意味を、自分だけが知っているという優越感に浸りたい。

鉄板は厚みがあるため、厚切り牛タンなど、ゆっくり火を入れたいものをじっくりと焼き上げることができる。専任の焼き手による熟練されたテクニックと相まり、一番美味しい状態の肉を味わえる

部位やカットによって、ふたつの特注の鉄板を使い分け。ロースターはカルビなど薄いものを直火で短時間で焼く用に

「二色のユッケ」は但馬玄のイチボを、キャビアと雲丹、トリュフでいただく贅沢な逸品

透かし紙に書かれたイラストは、メニューと重ねるとその意味がわかる仕掛けが楽しい

月刊誌最新号は「今、まさに話題な店」がテーマ!

東京を賢く生き抜く人々にとって、話題のレストランを知っておくのは当然のこと。だが、様々なメディアに溢れる情報から「本当に良い店」を見つけるのは実は難しい。

そこで、東京カレンダー最新号は「今、まさに話題な店」を大特集!権威的なメディアの評価ではなく、巷の人々がリアルに話題にしている店ばかりをピックアップした。

美味しいものは好き。でも、レストランおたくにはなりたくない…。そんな貴方に贈ります。

月刊誌のお求めは、お近くの書店、コンビニで。
ネットなら、以下から今すぐにご購入いただけます!

【ネットでのお求めは、amazonもしくはfujisanで!】
・ダイナミックな写真を臨場感たっぷりに楽しみたいなら、やっぱり紙の雑誌が一番おすすめ!
・スマホでいつでもお手軽に見たい方は、デジタル版も便利です!(fujisanもしくはKindleにて販売)
・コスパと利便性が抜群!大人街道を一気に突き進みたい方は、ぜひお得な定期購読を!

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は4/20(土)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo