どうせ飲むなら、ちゃんとしたイタリアンで!26時まで楽しめる西麻布の新店が貴重すぎる!

オーナーシェフの中本裕士さんは、イタリア料理歴16年で現地での修業経験もある腕の確かな人。イタリアの郷土料理を心から愛し、勉強し続けている。

それをベースに故郷である宮崎の厳選素材を使用し、自身のアイデアを加えて驚きのある料理を提供する。

スフォルマートというイタリア版野菜の茶碗蒸しを卵の殻に入れ、隣にひき肉を入れたオリーブのフライを添えた。卵のかわいさに空気も和む。コペルト(席料)¥500に含まれる一品

シェフがピエモンテで教わった玉ねぎの詰めものを、宮崎の豚肉を使用しアレンジした一品。2時間ローストしたとろとろの玉ねぎの甘さと、燻製チーズのスカルモッツァが好相性。¥1,080

自家製ガルガネッリを宮崎産牛肉によるラグーソース、菜の花とからめたパスタ。¥1,944


自家製パスタも野菜料理も、正直、一軒目に引けをとらないクオリティだ。

そんなリストランテレベルの料理を、21時半以降はさくっとアラカルトとグラスワイン(¥700〜)でいただけるのがありがたい。

『ベルソーニョ』とはイタリア語で“よい夢を”の意味。その名のとおり、夢のようなひとときとなる金曜夜にぴったりの舞台なのだ。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo