辛いより旨みたっぷりの麻婆豆腐!銀座でリッチにモダンチャイニーズ!

銀座で中華料理を味わうならば『東京チャイニーズ 一凛』がおすすめ。

人気の「おまかせコース」は、辛さの調整はもちろん内容に至るまで、お客様の要望を取り入れてくれるという嬉しいサービスに、通いたくなること間違いなしだ!

全30席。カウンター席の他テーブル席も備える

上品かつ極上の中華料理を堪能できる銀座の名店

銀座で中華料理を楽しみたいなら『東京チャイニーズ 一凛』を訪れてみてはいかが。

こちらでは、季節の美味しい食材を活かした調理法で、シェフとお客様が会話を楽しみながら料理を提案できる。

四川料理をベースにしつつも、日本人の舌に合うように調整した上品な味わいの料理を提供しており、グループでコースを利用する場合も1人1人に合わせた辛さの調整が可能なのも嬉しい。

「ボタン海老の紹興酒漬け」

紹興酒漬けの濃厚な味わいからコースがスタート

この日は「おまかせコース」(1人8,640円~※注文は2名から)から4品をご用意いただいた。

一品目で登場したのは「ボタン海老の紹興酒漬け」だ。醤油、砂糖、紹興酒をベースにした甘めのつけダレに2日間ほど漬け込んだボタン海老は、まろやかなコクと旨み、豊かな香りを楽しめる一皿だ。

ビールに合わせるのもいいが、ここはやはり紹興酒とともに味わうのをおすすめしたい。

「よだれ鶏」。兵庫県丹波産の髙坂地鶏の白レバーも最高に美味

名物「よだれ鶏」は上品なタレを余すところなく味わって

続いて登場したのは「よだれ鶏」。使用する鶏肉は、数々の名店シェフがその味に惚れ込んだという兵庫県丹波産の髙坂地鶏。

こちらを丸鶏のまま仕入れ、内臓を外した後、丸鶏の状態で60分ほどゆっくり茹でてから冷やし捌くのが、柔かな食感に仕上げるポイントです。

醤油と黒酢をベースに2種類の辣油、胡麻、パクチー、カシューナッツで作られる上品なタレも鶏肉の美味しさを引き立ててくれる。

このタレを余すところなく味わいたいと、「手作り餃子」(4個800円)を追加オーダーする人も多いという。

「蒸し魚」

柔らかく蒸し上がった魚の食感が堪らない

コースの中には「蒸し魚」が供されることもあり、これもまた絶品。

この日はハタを使用。サッと蒸し上げることでハタの身の柔らかさが際立ち、口にいれるとほろりとほどけていく食感が堪らない。ナンプラーと醤油をベースにしたタレもハタの味を引き立てる絶妙な味わいだ。

また、サッと湯がいて、爽やかな香りとシャキッとした食感を残した台湾産の水蓮菜という珍しい野菜の味わいも素晴らしい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo