田島大地さんが考える 新しいビストロの潮流とは Vol.1

インターセクト バイ レクサス トウキョウ

INTERSECT BY LEXUS-TOKYO

“ミクスチャー・ビストロ”という、新たな提案

curated by
田島 大地

田島大地( たじま・だいち)

1975年生まれ。ホテルのレストランで修業した後、2003年に現代洋食をテーマに『kong tong』を東京・三宿に開業。オーナーシェフとして、またフードプロデューサーとして食にまつわる多様な活動を展開中。

表参道の交差点からほど近い立地の『INTERSECTBYLEXUS-TOKYO』は、ファッションやデザインなど、レクサスが考えるライフスタイルを体験できるスペースだ。田島さんは、2階のビストロのコンセプト作りとメニュー開発を担当した。「店の方向性を決めるにあたっては、“東京ってどんな街?”ということを散々考えました。辿り着いたのが、世界中の美味しい料理を味わえる街、という結論です。そこにフランスのビストロとアメリカのダイナーをミクスチャーした店、というイメージが出来上がりました」

実際にメニューを見ると、ビストロとダイナーだけでなく、ベトナム風や和風なども取り込んでいる。ふと通いたくなるような東京らしいコンフォートフードだ。「旅行が好きでアジアや中南米をふらふらしていたこともあったので、その時の経験も影響していると思います」窓から外を眺めると、各国のハイブランドのブティックが軒を連ねる。“ミクスチャー・ビストロ”は、この南青山という街の雰囲気に合っている。

奥久慈卵と黒トリュフのオムレツ¥1,250

左上.和牛サーロインの“SUKIYAKI”¥3,600

右上.ソーセージやドッグパンを自由に選べる、カスタマイズ・ホットドッグ・プレート¥1,350

左下.ルッコラのカスタマイズ・サラダ¥1,400

右下.ランチメニューの、本日のお魚の御定食¥1,300

店舗内には、「CRAFTED FOR LEXUS」と銘打ったコレクションが並ぶスペースがある

内装は、片山正通氏率いるWonderwall Inc.が担当


東カレアプリダウンロードはこちら >

【田島大地さんが考える 新しいビストロの潮流とは】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ