結婚に向かない男 Vol.2

「彼と結婚したら不幸になる」慶應卒・32歳の商社マンと、泣く泣く別れた女の言い分

仕事に適性があるように、結婚にも向き不向きがある。

どんな爽やかイケメンでも、高学歴・高収入のハイスペ男でも、残念ながら“結婚に向かない男”は存在し、数々の婚活女子を絶望させている。

一時の恋愛を楽しむのなら問題はない。しかし結婚したい女が、結婚に向かない男に割いている時間はないのだ。

この連載では、婚活中のアラサー女子から寄せられた情報を基に、東京に数多生息する “結婚に向かない男”の生態を紹介していく。

先週は拘りすぎるハイスペ男を紹介した。さて、今週は?


【今週の結婚に向かない男】

名前:孝太郎
年齢:32歳
職業:総合商社
住居:目黒

【報告者】

名前:真子
年齢:29歳
職業:外資系化粧品会社
住居:恵比寿

結婚に向かない男File No.2:女を不幸にする男


「後悔してます。好きになるんじゃなかったって。彼とは、友達のままでいるべきだった」

キラリトギンザ12階の『PLUS TOKYO』。窓に広がる夕暮れの銀座を背景に、今回の報告者・真子は切ない吐息を漏らした。

質の良い黒カーディガンに、白のプリーツスカート。一粒ダイヤの華奢なネックレスがよく似合う、清楚な女性だ。

白くて透明感のある肌に、艶のある栗色の長い髪。“彼女にしたい女性”を具現化したような真子だが、つい先日、2年付き合った彼氏に別れを告げたばかりなのだという。

「正直に言えば今でも彼のことが好き。彼も別れたくないって言ってくれました。でもダメなんです。これ以上一緒にいると、私が不幸になるから」

彼女はそう言って、きゅっと堪えるように唇を結んだ。美しい切れ長の目からは、今にも涙が溢れそうだ。

「魅力的であることと結婚向きかどうかって、どうして両立しないのかな…」

か細い声で呟く彼女の言葉は、質問というより諦めに聞こえる。

愛らしい真子をこれほど苦悩させているのは、一体どんな男なのだろう。

【結婚に向かない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo