転職、離婚、育休etc. 人生の岐路に、彼らは何を想う? 共感を呼ぶ、32歳の男性7名のリアルな人生観とは?

04.長永陽介さん/経済情報サービス企業


転職と結婚は、想定以上に笑顔が増えた出来事


結婚生活は、5年目。

朴訥な人柄に惹かれた奥様との結婚を決意したのは、「自分ひとりで生きるよりも、妻と一緒にいるほうが、笑顔の量が増えると思った」からだという。

新卒で経済情報サービスを扱う企業に入社。現場配属時は延べ1,100社に取材をし、レポートにまとめた。

それらの経験を活かせ、またより自分の価値観に近い企業に転職した今は、以前より笑顔が増えた、と充実した毎日を送っている。

「会社の決算資料を見るのが昔から好き」と言い、毎朝夜の読書と勉強を欠かさない。

夢は「組織に頼らずに腕一本、頭一つで食べていく能力を身に付けること」。

日々、規則正しい生活を送る中で、リフレッシュの方法は「誰かの人生の節目がそこにはあるから」と、空港に行くことだと言う。


【data】
座右の銘:笑顔
趣味:読書、散歩
人生の目標:日々心を穏やかに笑顔であること
一番大切なもの:妻と過ごす時間
好きなお店:『ボガマリ・クチーナ・マリナーラ』/千駄ヶ谷

05.塩田弘長さん/飲食系企業 マーケティング


ちょうど10歳上の社長。
まだまだ距離は離れているけれど、追いつくために全力疾走


新卒でインテリア業界最大企業に就職。

多くの飲食店を担当するうちに、独自の世界観を持った社長たちに出会った。

彼らの人柄に惹かれるうちに経営にも興味がわき、飲食コンサルに転職するも、思っていたようには学べず。

そこで1社目から付き合いがあった現社長の会社に飛び込むことで、目標の人の間近で働くことに。

入社してからの3年は「ブランドや飲食に関わる全てのことが業務で、より鋭く深い視点が必要」と日々挑戦中だ。

「オフの時に友達としょうもない話をしている内に、自分の考えがまとまることもあるので、飲みは欠かせません」と仲間の大切さを語る。

「自分の判断で会社を動かせる責任ある立場を目指して、30代を全力で駆け抜けたいです」。


【data】
座右の銘:成功を望むなれば、不屈不撓を親友とし、経験を顧問とし、注意を兄とし、希望を守護神とせよ。
今一番欲しいもの:実績・経験・体験
一番大切なもの:チャレンジすること
好きなお店:『代官山焼肉kintan』/恵比寿

06.松本雄一さん/広告代理店 営業

一緒に夢を見られる、比較してくれる、見守ってくれる人が理想。


化粧品などを扱う会社に4年勤め、現在は広告代理店に勤務。

2015年に結婚したが、当時は仕事ばかりですれ違いが続き、約1年で離婚。

現在は、人との時間の大切さを感じ、時間をうまく使うことを心掛けるようになった。

本職以外にも、以前から興味のあったスポーツビジネスを学ぶためビジネススクールに通学。

「ひとつの組織だけに属し、そこでの居心地が良くなると考え方が偏り、成長も止まってしまいがち。全く異業種の人と出会い関わることで、人脈や思考の幅が広がった」と語る。

今後は「将来自分が経営に関わるクラブを通して、地域の人に幸せを届け、更には世界と戦える、そしてビジネスとしてスポーツ界も発展するような活動をしていきたい」。


【data】
座右の銘:学ばない者は人のせいにする。学ぼうとする者は自分のせいにする。学ぶことを知っている者は誰のせいにもしない
今一番欲しいもの:夢を応援してくれるパートナー
好きなお店:『鶏だしおでん さもん』/中目黒

07.大岩宏維さん/医師


束縛せず頼りがいのある妻との家庭が一番大事


「デートのおすすめは?」という質問に「パークハイアットの『ニューヨークバー』は、医学生時代に女性を落とす定番スポットでした」と笑う、大岩さんも現在は3児の父。

筑波にある関連病院に都内から通勤する日々。

現役で医大入学、ストレートで卒業後、大学病院に入局し、最短で形成専門医を取得。

一方で、奥様と密に連絡を取り、出来る限り皆で夕食。

休日は家族サービスにあて、双子が生まれた際には育休も取得した。

「妻との付き合いは18歳の時から。いつも助けられてきました」。辛い時に支えてくれたのが結婚の決め手だ。

「いつまでも“男”でいてほしい」という奥様の考えで、お食事会へ参加したことも。

理解のある妻と可愛い子どもたちに支えられながら、専門分野で有名になるのが今後の目標だ。


【data】
座右の銘:天才とは努力する凡人である
今一番欲しいもの:大切な人の笑顔
一番大切なもの:家族との時間
好きなお店:『石頭楼』/麻布十番
デートなら:『ル・クラビエール有栖川』/広尾

(編集部コメント)
結婚や親になったこと、仕事上での出会い等を機に、価値観やライフスタイルに変化が起き、新たな人生を歩む4名。

時に失敗や悔しい思いもしながら、それでも常に前進しようとする姿は輝いている。

以上、7名のリアルをつまびらかにしたが、総じて仕事に邁進しながらも、ただがむしゃらに働くのではなく、愛すべき家族や、社会のために、という志を持っている人が多いのが印象的だった。

東京カレンダー3月号「32歳の東京。」では、そんな32歳からの東京の楽しみ方を様々な方向から提示している。

ぜひ、この一冊を読んで、大人の東京を存分に楽しんでみて欲しい!

月刊誌「東京カレンダー3月号」は、「32歳からの東京」がテーマ!

真の大人へとステップアップする岐路は「32歳」だ!

社会人としての自信がつき、次なる大人のステージの岐路に立つ「32歳」。そんな男女が臆せず大人の世界へ駆け上がるために知っておきたい情報をお届け!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で東京の夜の過ごし方をコンプリートしよう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は1/21(月)から。

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo