黒塗りの扉 Vol.10

【最終回】黒塗りの扉:運転手の仕組んだ罠で、破滅へ向かう2人…そして全ての謎が明かされる

もどる
すすむ

1/1

もどる
すすむ

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
あああ!泣けてしまった…そして終わってしまった…もう一度最初から読もう…。
2018/11/03 05:4962返信5件
読みでがあったわ~
なんかね、頭が勝手に区切るの「以下次号」って。3回分あるよね。合間合間に「続きは購入」ってばっと出て、「は?なに言ってんの、第一部とか?」ってむっとしたけど一瞬で続きが出た。あれはなんだったんだろ?
娘を幸せにするためにこんな大がかりなことできちゃう父親ってすごいな。「次の依頼」も私読みたいけど、みんなどう?
2018/11/03 06:0154返信2件
さくら
結局、購入しないと読めないのか…
2018/11/03 05:2247
No Name
黒塗り運転手鈴木明
シリーズ化決定
シリーズ毎に雇い主を変えながら、徐々に彼の素顔も明かされていく仕掛けでよろしく
2018/11/03 09:0843返信2件
No Name
依頼者は2人で1人は娘の幸せを願う父、もう一人は財界の利一の敵だと推理していました。
聡美父、凄い人ですね。
父親として聡美を心配しない日はなかったはずですものね。

依頼された明のやり方が、利一と聡美の2人に過去の傷と向き合わせようとした。荒療治ですね。

鈴木の最後のメッセージ、聡美を壊すは、聡美の過去の呪縛を壊すという意味なんですね。
彼女も深層では利一を気にしている。6年という歳月はただ無
駄に流れてはいない と信じます。
そして2人であのワインを開ける日が必ずくることも。
2018/11/03 12:1131
もっと見る ( 106 件 )

【黒塗りの扉】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo