白金の夜に波瑠を誘い出したら、洗練された大人の空気と透明感に目が離せなくなった!

きちんとした経験値をもち、地に足ついた大人たちこそ足を踏み入れられる白金。この街に相応しい大人は、と考えた時、ふと知性を感じさせるある女優の顔が浮かんだ。

その人こそ、本誌12月号で表紙を飾った女優・波瑠さんだ。『サバイバル・ウェディング』で3クール連続の連ドラ出演を果たし、忙しい日々を送っている彼女を、白金で注目の新店にお連れすることに。

大人の女性として艶やかさや、凛とした表情を見せる波瑠さんが纏う空気は、間違いなく白金の街に寄り添っていた。


「大人の女性として、白金の夜は経験しておきたい」

しんと静まり返ったレストランの店内には、カメラのシャッター音が響き、かすかにカトラリーの触れ合う音も聞こえた。

撮影したカットをチェックするため、時折、セッションが中断されるのだが、被写体である波瑠さんの手は止まらない。

美しいロゼ色の鴨肉にナイフを入れ、口に運び、顔を綻ばせる。


彼女のプライベートな食事シーンを覗き見していると錯覚しそうになるほど、その一連の動作はあまりに自然なものだった。

「白金の街は、独特の品があって、絵になりますよね。ドラマのロケで来たりしますが、今日のようにお洒落して、本格的なフレンチをいただくことはなかなか……。だから、今がチャンスと、つい夢中になってしまって。とても幸せな時間でした」

波瑠さんは声を弾ませ、屈託のない笑顔を見せてくれたが、無理もない。

2015年放送のNHK連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインに抜擢されて以来、彼女は走り続けてきた。今年に関して言えば、3クール連続で連ドラに出演。いわゆる〝売れっ子〞だ。

でも、その快進撃は、デビューしてからすぐに始まったわけではない。過去にはオーディションで200連敗。苦しい日々を経験した。


「同期の子が頭角を現す一方、私がいただくのは台詞のない役が多く、始発で現場に行って終電で帰る生活を送りながら、このままでやっていけるのか不安に感じていました。

特に10代後半から20代に向かう時期は、大学にも行かない私は何者かになれるのだろうかと、胸が締め付けられそうになったりして。でも、前を向くしか能がないから、少しでも演技の足しにしようとレンタルショップに通い、月30本のペースで映画を観続けました」

演劇のレッスンを受けたことがない波瑠さんは必死だった。そして、たくさんの役者の演技に触れるうちに、ある事実に思い当たる。それは「正解は決してひとつではない」ということだ。

「どんなに素晴らしいお芝居をしようとも、結局は一人の人間。テクニックとは別の次元で、これまでの生き方が芝居にもあらわれてくる。ならば、自分だったら、その役をどう生きるかということを考えればいい。そう思いました」。

その後波瑠さんはあるベテラン俳優と共演し、大いに学ぶことになる。

「『芝居するときは、こんな顔をしてみせようではなく、そこにいる人の息遣いに耳を傾け、言葉を聞きなさい』。中井貴一さんが教えてくださいました。私はその演技者としての在り方に共感し、以来、どの現場に行っても、それを意識するようになりました」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo