結婚できない女〜Over 35〜 Vol.2

37歳、ついに理想の恋をした。結婚できない独身女を救う、絶世の美男子の正体とは?

別に、結婚だけが女の幸せではない。

自ら望んで独身を貫くのなら、何も問題はない。

しかし実際には「結婚したいのに、結婚できない」と嘆く女たちが数多く存在し、彼女たちは今日も、東京の熾烈な婚活市場で戦っているのである。

先週は、自分にも相手にも厳しい“ストイックな36歳独身女”を紹介した。

さて、今週は…?


【今週の結婚できない女】

名前:友里恵
年齢:37歳
職業:財閥系総合商社
住居:広尾

男には幻滅するばかり


「私も昔は、人並みに結婚願望ありました」

そう語るのは、財閥系商社で働くバリキャリ、友里恵・37歳。

体の線は随分と華奢なのに、出るところは出ているという理想的なスタイルをもつ友里恵は、学生時代から男に不自由しなかった。

仲間の美しい女たちと共に、ちやほやされながら20代を過ごしていた友里恵だったが、28歳の時、ずっと憧れていたミラノ駐在のチャンスを掴む。

婚期を逃すかもしれない。

その考えは、確かに友里恵の頭を過ぎった。しかし結婚のためにチャンスを棒に振るなんて、人生のポリシーに反する。

結局、当初は2年の予定だったが3年半をミラノで過ごし、友里恵は32歳で東京に舞い戻った。

そして、痛感することとなった。

海外ではまったく気にならなかったが、日本における30代女性の冷遇具合といったら…あまりにも露骨で呆れてしまうほど。

食事会やデートの誘いも20代半ばの頃と比べて段違いに減ったし、何より驚いたのは、口説いてくる男という男が既婚者だったことだ。

「嫁とは同居人みたいなもの」
「(妻子はいるけど)友里恵ちゃんが好きなんだ」

そんな卑怯な男たちによって、友里恵は幾度となく、男という生き物に幻滅させられた。

そして、昨年の冬。さらに友里恵を深く傷つける事件が起きた。

【結婚できない女〜Over 35〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo