怪女-カイジョ- Vol.3

怪女-カイジョ-:単なる違和感が、嫌な確信へと変わる時。未来の妹からの陰気な贈り物

―この女、何かおかしいー

自分だけがほんの少し感じた、しかし強烈な違和感。

それをもし、未来の家族となる人に感じてしまったら…?

大手化粧品会社で働く美香(32歳)は、公認会計士である夫の譲(35歳)と、平穏で幸せな日々を送っていた。

しかしその日常は、ある日を境に崩れていく…。

譲の弟である太一と婚約者の恵里奈の顔合わせで初めて会った時から、美香は彼女に違和感を感じる。

距離感の近い彼女に戸惑いつつも距離を保とうとするが、ある日美香のよく行くジムに現れ…


「少し気になることがあって…。早く美香さんにお伝えしたいのですが、お時間取れないですか?」

ひんやりとした空気が、秋の終わりをほんのりと感じさせる、ある週末。夫の弟の婚約者である恵里奈が、突然現れてこう言った。

ーあまり関わりたくはないのだけれど…

美香は初めて会った時から彼女に苦手意識を持っていた。それは、ただの直感というレベルを超えた、拭いきれない嫌な予感だった。

美人で可愛らしく、礼儀正しくて良い子。

彼女に会った美香以外の人間、夫や義母などはこんな印象を持っただろう。けれど、妙に美香に対して距離が近く、また時折見せる不自然な作り笑顔に、どうも彼女を信用できなかった。

とは言え、未来の義理の妹となる彼女のことを邪険にはできないし、深刻な顔をして言われた「気になること」が引っかかり、彼女のお願いを受け入れることにしたのだ。

少し歩いたところにある『ストリーマーコーヒーカンパニー 五本木店』で二人はカフェラテを注文した。
※『ストリーマーコーヒーカンパニー 五本木店』は、現在閉店しております。

可愛いアートとその濃厚な香りに、先ほどまで少しピリピリとしていた美香の心がじんわりと温まる。

すると目の前に座る恵里奈は、ニコニコと楽しそうな顔を浮かべて質問してきた。

【怪女-カイジョ-】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo