小石原はるかの 「偏愛スケジュール」 Vol.9

クリントンストリートベイキングトウキョウ

CLINTON ST. BAKING TOKYO

N.Y.の人気ダイナーの 世界初進出店がアツい!

パンケーキもいいけどフードメニューが楽しい♪

香ばしいポテトパンケーキにサーモンやキャビアをON。

「ローワーイーストサイドでは1時間待ちの行列が!」「ハリウッドのセレブリティも並んで食べている」etc.という触れ込みと共に日本に上陸した『クリントン・ストリート・ベイキング』。当然、日本でもオープンと同時に連日行列が。パンケーキブーム未だ継続中の東京においては、特製のメープルバターとともにいただく、さっくりと焼きあがった3枚重ねのパンケーキが一番人気らしく、「『クリントン・ストリート・ベイキング』といえばパンケーキ!」というイメージが強い!確かに、パンケーキも美味しい。けれど、実はこちら、フードメニューが充実していて、むしろ“ダイナー”的なんです。

しかも、オープン当初は夕方でクローズしていたのですが、今月からディナータイムまでの営業をスタート。そこで辛党さんには、ぜひレストランの利用も推奨したい次第。たとえば「スモークサーモンポテトパンケーキ」1800円はビールや白ワインと一緒にパクッ、がおすすめ。トルティーヤにワカモレや目玉焼き、サルサソースなどをトッピングした「ウエボスランチェロ」、やブラック・アンガス・ビーフを使った「チーズバーガー」もぜひ!

●こいしはらはるか
一度ハマると歯止めの利かないマニアックな気質と頑強な胃袋を持つ、人呼んで"偏愛系ライター"。著書に『麹の「生きた力」を引き出す本』(青春出版社)など


東カレアプリダウンロードはこちら >

【小石原はるかの 「偏愛スケジュール」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ