丸の内OLが密かに使うデートスポット。八重洲の高級ホテルは最高にラグジュアリーな隠れ家だった!


圧巻の艶やかさを誇る空間に一歩入った瞬間から絶対にアガる!
「シャングリ・ラ ホテル 東京」

記念日デートにぴったりなのが、このイタリアン『ピャチェーレ』。八重洲に位置するため社内の人に会う率も低く、豪華なホテルダイニングの中でも、飛び抜けてラグジュアリーな空間なのだ。

高い天井にはヴェネチアで造られた巨大なシャンデリアが輝き、窓の外は丸の内の夜景。イタリアのダイニングサロンをイメージしたという店内は、家具まですべてオーダーメイドで隈なく洗練されている。

特等席はラウンド型のソファ席。カップルが横並びでリラックスしてお喋りに興じる様子は、この店でおなじみの光景だ。

国産野菜を添えトリュフをアクセントにしたマトウダイの焦がしバターソース(¥13,000のディナーコースの一例)


料理はイタリア人のアンドレア・フェレーロ氏によるコンテンポラリー・イタリアン。

アンドレア氏は、「私が作りたい料理を作るのではなく、最高の食材のためにできること、に徹しています」と話し、9割は日本の食材を使う。

そのため日本の新たな味覚を発見できることも醍醐味だ。

ランチのカルボナーラ。もちっとした2.5mmのスパゲットーニに奈良県・葉山農場の卵黄とグアンチャーレ、ペコリーノチーズをからめた濃厚な逸品!


空間も料理も、華やかに見えて実は本質で人を魅了する。そんな大人が夢心地となる〝桃源郷〞が記念日を祝福してくれる。


実は、隣には気軽に入れるカクテルバーもある!
『ラペリティーヴォ・バー』

アンドレア氏考案のイタリアンの軽食とカクテルを楽しめるバーがオープンした。


一押しの一杯はホテルの名物であるフレッシュメロンジュースをたっぷり使ったスプマンテのカクテル「メローニ」


シャンデリアの輝きがゲストをときめかせる!

「シャングリ・ラ ホテル 東京」は日本初のシャングリ・ラ ブランドとして2009年に開業。本国は香港。

館内に美しいシャンデリアがあることがブランドの個性であり、ここでも50燈が優雅に輝く。全200室。東京駅からは徒歩3分。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

仕事観から結婚観。丸の内OLのすべてがここに!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo