大衆酒場の多い神田で大人の余裕を見せるイタリアン! 仲間同士で通いたい楽しくセンスフルなお店はこちら!

大衆酒場の多い神田だが、各所にお洒落で個性的なお店ができているのも、ここ最近のトピック。

中でも、こちらの『トラッペリア ミア』は2015年にオープン以来、神田で働く人を中心に、ワイン好きが集う店として知られる。

緑に包まれたエントランスから階段を昇ると、活気溢れる空間がそこに。

こういう店を知っているのが、いい大人ってこと。


このおしゃれ感、神田では貴重。味よし、雰囲気よしでみんなハッピーな肉イタリアン
『TRIPPERIA mia』

神田駅から徒歩6分。ミステリアスなビルに可愛らしいロゴが興味をかき立て、黄色くペイントされた螺旋階段もキュート。

階段を昇ると、ガラス越しに賑わった店内が見えてくる。

カウンターにテーブル、一様にワインを片手に楽しい雰囲気に満ち溢れている。

大理石のカウンターとアンティークの家具が並ぶ店内は、抜群の居心地の良さだ。

約50種類そろうワインは、3,000円台が中心。スタッフに選んでもらうのも楽しみ。定期的にワインフェアも開催している


オーナーシェフの山内美弥さんは、トスカーナで修業した際に魅了された、ホルモン料理が主役の食堂「トリッペリア」を再現すべく店を開いた。

店内はいつも満席で、カウンターには常連さんも多いが、決して入りにくい印象はなく、むしろオープン。

これも、山内さんはじめ、女性スタッフの快活な接客ゆえか。

牛ハチノスを白インゲン豆などと煮込んだスペシャリテ。「トリッパのトマト煮こみ」¥1,080(M)


名物「トリッパのトマト煮こみ」は、おかわりする人もいるほど。良い素材と丁寧な下処理の成せる業だ。

左が店主の山内美弥さん。スタッフは皆女性で、和やかな雰囲気も魅力


雑多な印象の神田だが、こういう店が潜んでいることが懐の深さを物語る。店にうるさい後輩も、自信を持って連れていける。

牛タンや牛すじなどを使ったオリジナル。モッツァレラチーズや生地と5層に重ねている。「TRIPPERIAのラザニア」¥1,512

馬肉を食感よく挽いて、セモリナ粉をまぶして揚げた郷土料理。数種の豆とタマネギを使った白ワインソースで。「モツ入り馬肉のポルペッタ」¥2,160

本日発売の月刊誌「東京カレンダー11月号」は丸の内OLが語った「丸の内の真実」を大特集!

仕事観から結婚観。丸の内OLのすべてがここに!

丸の内を象徴する丸の内OLを通じて、この街のリアルに迫った!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は9/21(金)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo