東京カレンダーイチオシ! 「見て楽しい、食べて美味しい」グルメ動画 Vol.87

もはや地獄谷状態!ジュワ~と熱い牛肉激辛煮が辛くて旨すぎる!

とにかく激辛料理が好きな人ならば、本場中国料理を楽しめる『天華』へ。

この店の「沸騰牛肉の山椒煮込み」は、ぜひ一度は食べておいて欲しい!

そのアツい美味しさに動画で迫った!

「沸騰牛肉の山椒煮込み」(小皿1,500円、中皿1,900円)

山椒油をかけて仕上げるプレゼンも迫力満点!絶対食べたい『天華』の名物はコレだ!

下北沢にある『天華』は、激辛好きなら知っておきたい中国料理の名店のひとつ。同店を訪れたならマストでオーダーしたいのが「沸騰牛肉の山椒煮込み」。

朝天辣椒の粉末がこれでもかというほど、どっさりかけられたまるで地獄谷のようなビジュアルで登場したかと思うと、そこに80℃の山椒油を注ぎいれるのだ!食欲をそそる音、香り、ビジュアルに、歓声を上げずにはいられないだろう。

ジュワ~ッと煙が上がっているうちに、料理長・長尾氏自らが成都で買い付ける山椒をかけて完成。見ているだけで、じんわりと額に汗が浮いてきそうなほどの迫力に圧倒される。

メニューには載っていないが「麺」(+500円)もオーダー可能

辛いだけの料理だと思うことなかれ。ひと口食べれば、その旨さに箸が止まらなくなってしまうのだ。特に注目したいのは、牛肉の柔らかさ。最後の油を注ぎいれる時に火が入りきるように、調理されているのだ。

刺激的な辛味の中にこの牛の優しい柔らかな食感、野菜の甘み、そして熟成されたピーシェン豆板醤、天華オリジナルブレンド豆板醤、豆豉、丁寧に出汁をとったスープなどの旨みがギュッと凝縮され一気に口へと流れ込んでくるのだから、堪らない!

「本場四川の激辛マーボー豆腐」(小皿1,300円、中皿1,700円)

激辛好きを歓喜させる料理は、これだけではない!

「本場四川の激辛マーボー豆腐」は、同店で提供される料理のなかでも激辛レベルの高い一品である。可能な限り、本場四川の味わいを再現した同メニューは、食べた瞬間に体中を爽快な辛さが駆け抜けていく。

この辛味を生み出しているのが、四川から仕入れる山椒と朝天辣椒。しかし、辛味の後にはしっかりとピーシェン豆板醤などから生み出される旨みも感じ、食べる人を虜にしてしまう。

「鶏の揚げ物 クミン・山椒炒め」(小皿1,200円、中皿1,600円)

ちょっと激辛は苦手…という人には「鶏の揚げ物 クミン・山椒炒め」がおすすめ。

朝天辣椒と鷹の爪の辛味を油に移しながら炒めていき、山椒と葉ニンニク、揚げた鶏肉を投入。仕上げにクミンと塩で味を整えた後、紹興酒で香りを出した一皿は、テーブルに届いた瞬間、クミンと紹興酒が生み出すいい香りが漂い、食欲を刺激してくれる。ほど良い辛味がクセになり、ビールとの相性も抜群!

「今日は思いっきり激辛料理でシビれたい!」そんな日には、『天華』を訪れてみてはいかがだろう?

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

【東京カレンダーイチオシ! 「見て楽しい、食べて美味しい」グルメ動画】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo