西麻布で遊ぶならバーに詳しくなりたい!絶対に女子に喜ばれる店4選

知る人ぞ知る紹介制バー。彼女にもエクスクルーシブを感じてもらおう

女子を虜にするフルーツカクテル『Cocktailante OBORO(カクテランテ オボロ)』

西麻布の交差点からすぐの雑居ビルに看板もないそのバーは存在する。

扉を開くと、異国に迷い込んだかのような錯覚に陥いる。カウンターのバックボードにある、ゴッホの「星月夜」が再現された壁が目に入ったからだ。

女子の目がキラキラと輝くのをしっかりと確認したあと、「今日は何のフルーツがいいかな?」と慣れた様子で馴染みのバーテンダーに話しかけるのだ。

「鮨屋やレストラン同様、カクテルでも四季を感じてほしい」と、構成は季節によって変化する

「ただのアルコールとしてのカクテルではなく、吟味した食材を使ったデザインカクテルを提供するという意味で、“カクテランテ”と名付けました」とオーナーバーテンダーの山川氏は語る。寿司屋のように、客自身が食材を見て、好みの味や気分でオーダーする。

とはいえ、ここまでは他のバーも同じ。この店で特筆すべきは、カクテルの味わい方に新たな広がりを持たせるプレゼンをしてくれるということ。

たとえば、旬のフルーツを使ったカクテルが主役であれば、その甘みを最大限に生かすため、塩気の効いたつまみを横に添える。この両者のバランスを計算し、提案してくれるというのがこの店のおもしろさだ。

「君だけのカクテルを出してくれる店に行こう」の一言で、彼女を夜の西麻布へ誘い出してみては?

メキシコの国旗をイメージしたテキーラベースのカクテル、「東京バンデラ OBORO風」(1,800円)

個室は4人用と6人用の2部屋を用意。アーティスティックな内装に誰もが惹きこまれる

2階のバーカウンターの側にあるプライベ—トラウンジ。インテリアはすべてニューヨークで買い付けたもの

秘密の暗証番号で入店するスペシャル感に感無量『サイタブリア バー』

西麻布の大通りから少し離れた住宅街にひっそりと姿を表す。毎日入店のための暗証番号が変わり、予約時に教えてもらうというシステムに、入店時から心が踊る。

元々は普通の住宅だったという一軒家バー。1階はプライベートラウンジとしてソファが置かれ、2階はバーカウンター、3階は個室という作りだ。家の中で居場所を探すように、自分の好きな場所を探すのがおすすめの使い方。

実際「○階のあの場所で」という指定を予約時にしてくる人は多いとか。特に大切な告白やプロポーズには個室へ。成功率も高まるはずだ。

バーニャカウダ。メニューは一例

時には見守り、時には話し相手になってくれる、繊細なサービスを見せてくれるスタッフの働きぶりも心地良い

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo