疲れた体には納豆が効く!しみじみと旨すぎる納豆グルメ6選

「ミートソースとナットウのスパゲティ」(1,350円)

1972年創業老舗スパゲッティ専門店の納豆スパ

1972年創業の老舗スパゲッティ専門店『ハシヤ』。同店が提供するスパゲッティの特徴は、太麺で濃い味付けであること。これは創業当時から現在まで変わることなく守り続けられている。

メニューは全部で80種類以上。季節によって旬の食材を使用したスパゲッティも登場する。

カウンター席も備え、一人で利用しやすいのも嬉しい

人気メニュー以外にも、ホワイトソースや、ミートソース系にも独自のアレンジが施されていて、訪れる度に新しい発見がある『ハシヤ』。

なかでも注目したいのは「ミートソースとナットウのスパゲティ」。こちらは隠れファンの多いメニューで、好きな人はこれしか食べない人もいるほどだとか。

フォーム状に仕上げられた納豆がなんともスムーズな舌触りを作り出し、麺をするすると口の中へ滑り込ませる。その滑らかさの中に、大豆やひき肉の食感や苦味を感じるという、なんとも画期的なレシピだ。

「生ハムサラダ」(810円)

創業当時はむき身のアサリをジンジャーまたはガーリックソースで味わうスパゲッティ、おしょう油味とその他数種類のみだった『ハシヤ』は、年々メニューを増やしていき、現在の種類に。

『ハシヤ』の魅力は、毎日来ても飽きず、新しい発見をさせてくれることだろう。

※こちらの店舗は、現在閉店しております。

「納豆といちじくのブルスケッタ」(980円)。隠し味のハチミツが個性ある食材をつなぎ合わせる。ゴルゴンゾーラとフォアグラの2種類の味を用意

『Bistro Repos』の納豆といちじくのブルスケッタ

新宿御苑のほど近くにあるビストロ『Bistro Repos』は、恵比寿で人気の『バルコモド』の姉妹店。

同店同様に赤身の旨さに定評のある山形牛や函館直送の鮮魚など、素材にこだわる料理はそのままに、この店では骨太なビストロ料理を披露する。

ここで目を引くのが、臭くて旨いつまみ。納豆といちじくを使ったブルスケッタは、ブルーチーズなどを合わせることで、さらに臭く、一層旨く、酒を呼ぶ絶品のつまみとして人気だ。

酒との相性をとことん突き詰め、そこにしかない美味まで辿り着いた進化系つまみ。「えっ!」と驚く技あり食材を使った驚きのマリアージュ、ぜひ味わってみていただきたい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo