これってケーキ?かき氷? 見た目も味も100点のひんやりスイーツはここ!

見た目は完全にケーキなのに、スプーンを入れるとかき氷!

いま話題のひんやりスイーツ店がこちらの『セバスチャン』だ。

ビジュアルだけでなく味も抜群に美味しいかき氷の美味しさをお伝えしよう!

「パッションフルーツとヨーグルトのショートケーキ」(1,400円)

完全にケーキ!「かき氷」とは思えない驚愕のビジュアル

代々木公園駅から徒歩10分ほどの神山町エリアに位置する『セバスチャン』。

同店を訪れる人のお目当ては、かき氷。見た瞬間の驚きと、ひと口頬張った時の感動は、どんなかき氷をも凌駕するインパクトをもつのが『セバスチャン』のかき氷なのだ。

まずオーダーして欲しいのは「パッションフルーツとヨーグルトのショートケーキ」。

完全にケーキのビジュアルで登場する同メニューは、運ばれてきた瞬間に歓声を上げたくなるほど美しく、とてもかき氷とは思えない。

提供される「かき氷」は時期により変更あり

見た目に負けない美味しさがクセになる!

ドキドキしながらも、ケーキにスプーンを入れれば、氷とは思えないほどのふんわりとした柔らかさがスプーン伝いに手へと届けられる。

スプーンを入れる事で、氷の質感があらわになり初めて「これはかき氷なのだ」と認識させられる。そして、最初のひと口を頬張ったが最後、虜にならずにはいられない!

氷にかかるパッションフルーツソースの華やかな酸味に合うよう、氷に纏わせるのはヨーグルトソース。ふたつの異なる酸味のバランスが心地よく、どんどん食べ進められてしまう。

作っている光景は、ケーキ作りそのもの!

このどんどん食べ進められる理由はビジュアルと美味しさだけではない。

「かき氷」聞くと、キーンと冷たく食べ進める内に頭が痛くなるという人もいるのではないだろうか? しかし、同店ではその感覚を一切感じる事がない。

それは、氷の温度に秘密があるという。約5℃の氷を「かき氷」に使用するのだ。こうすることで、ひんやりとした感覚は残るが、決してキンキンと強い冷たさは感じないのである。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo