煮沸 Vol.2

開けてはならぬ記憶の扉が、いま動く。この男の記憶は、すべて都合良く歪曲された幻なのか?


『十分。幼少期から、十分、あなたは壊れはじめています』

飯島が放った言葉が、喫煙部屋のタールのように脳裏にこびりついて離れない。

触らずとも、ベタベタしていることが感覚でわかる。

『記憶はね、”認識”なんです。事実に解釈が加わって、はじめて記憶です。誰でもいい人生だ......


【煮沸】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo